ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、モバイル決済サービスをアプリ「Google Pay」に統一

Googleは、これまで展開してきた「Googleウォレット」「Andoroid Pay」といった決済サービスをアプリ「Google Pay」に統一した。

アプリを立ち上げると、ホームスクリーンに周辺でGoogle Payが使えるお店などを表示する新機能が加わっている。

・情報はそのまま引き継ぎ

Andoroid Payをダウンロード済みの人は、基本的に何もしなくてもアプリをアップデートするときにGoogle Payになる。

保存していたクレジットカードやデビットカード、ギフトカードなどの情報はGoogle Payにそのまま引き継がれ、もちろんこれまで同様に実在店舗でもオンラインでも使える。

ホームスクリーンにGoogle Payが使えるお店が表示される機能は、ユーザーのロケーションや前回使った店の業種などに基づいていて、最近の使用履歴も表示される。

・日本含む17カ国・地域で

もう一つ、米国・英国居住者が対象のGoogle ウォレットによる送金サービスは、Google Pay Sendとなった。こちらでは、送金または送金のリクエストができる。

Google Payは日本を含む17カ国・地域で利用でき、日本ではモバイル用の楽天Edyとnanacoに対応している。

Google Pay

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。