体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキー場で写真映えしたい!樹氷が美しい蔵王で青春と美肌の秘密を探して来た

スキー場で写真映えしたい!樹氷が美しい蔵王で青春と美肌の秘密を探して来た

世の中には、学生時代にスキーに行った人間と、行っていない人間がいるという。
私は後者である。
そんな私に、びゅうたび編集部から「スキー場でキラキラしてきてください」との指令が入った。

そう。私は、キラキラ☆インスタグラマー美大生はましゃか☆なのだ。(初めて言った)
タイピングをするはましゃか

無言でタイピングを続けるはましゃか

田舎の山奥育ちの私にとって、スキー場は親にサバイバル精神を鍛えられる場所。
若者がキャッキャウフフしているイメージがまったく湧かない。

編集部「場所は蔵王。樹氷も見てきてください!」

蔵王温泉スキー場。調べると、単独のスキー場としては日本有数の面積を誇るという。規模すごくない? もしかして……私に「JR SKISKI」やってこいっていう……
そういうフリ……? ☆(※誰にも言われてない)

任せて!!!!

山形新幹線で青春を探しに行ってきます

AM8時――早起きしてJR東京駅へ。JR山形駅まで、約3時間の新幹線旅。

山形新幹線

人は新幹線に乗ったから駅弁を食べるのか、駅弁を食べるために新幹線に乗るのか。
私は後者である。

唐揚げざんまい弁当 山形新幹線 車窓

JR高畠駅を過ぎたころ、気付けば一面、銀世界。大雪に見舞われながらも、山形駅に無事到着!

雪国に到着。駅ビルに刺激される乙女心

S-PAL山形 花の種

お土産屋さんが立ち並ぶ駅ビル「S-PAL山形」の中に、「クレープハウス 花の種」というスイーツ店を発見。
店内は、写真に残したくなるプリティーさ。

もぐもぐしながら蔵王温泉行きのバスに乗り込みます。

200年の歴史ある旅館にチェックイン!

山形駅から約30分で、蔵王温泉バスターミナルに到着。ここからは、本日お世話になる旅館「松金屋アネックス」さんの送迎バスで向かいます。

着いたのは、和洋折衷のあったかい雰囲気の旅館。
なんとここ、200年以上も歴史のある旅館なんだとか!

松金屋アネックス 稲花餅

お部屋に入ると、ポカポカのこたつと蔵王温泉名物の稲花餅(いがもち)がお出迎え。

つるつるのお餅の表面の黄色い飾りは、染めたもち米。
中には、舌ざわりのいいこしあんが。うま……!

お風呂は、源泉掛け流しの蔵王温泉が楽しめる強酸性の眺望風呂と、弱アルカリミネラル人工泉の大浴場と露天風呂の三つ。ぜ、贅沢すぎる。

最上級の温泉を全身に染み込ませる贅沢

松金屋アネックス 大浴場

※特別に許可を得て撮影しています

「あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜っ」(声にならない声)
私、やっぱり、大きいお風呂が……好きだ……
弱アルカリミネラルの水質で、肌に優しい。

しかも備え付けのシャンプー類が、女性にうれしいボタニカルソープでありがたい。

松金屋アネックス 源泉眺望風呂

そして源泉へ! 雪景色を眺めながらの「本物に浸かっている……」という感動。
なんとも絶妙な湯加減。ずっと入っていられる!!

これが強酸性のお湯のパワー! お風呂上がりの保湿がいらないくらいプニプニ……!

はましゃか 湯上がり
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。