体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン&カレーで糖質50%オフ! という奇跡を生んだ『RIZAP スパイシーカレーラーメン』。さすがライザップ!

日本人が糖質制限ダイエット/ロカボ食に挑むにあたって最大の難関となるのが国民食のラーメンであり、全員大好きなカレーである。なのにその合わせ技でしかも糖質50%オフとはさすがライザップ。では『RIZAP スパイシーカレーラーメン』を味わってみよう。

糖質制限ダイエット/ロカボ食の未来を背負って立つのはカレー。むせかえるほどに辛いけれど、低糖質麺特有の風味も吹き飛ばす!

コンビニで手に入る糖質制限ダイエット/ロカボ食の強い味方といえば、ライザップとファミリーマートのコラボ商品”ファミマでライザップ”だろう。結果にコミットする実力を持ちながら、手軽に近所で手に入れられるから愛用している人も多いはず。

今までも糖質オフのカップ麺は多彩に展開してきた”ファミマでライザップ”だが、ここに来て真打ち登場。明星食品『RIZAP スパイシーカレーラーメン』(78gうち麺57g・希望小売価格 税抜209円・2018年1月30日発売)だ。なぜなら、記者は糖質オフ麺の最大の弱点はその風味と表面食感だと思っている。

うれしいことに糖質は、1食当たり16.6g!

 

それを補うために各社血道を上げた努力をしているのだが、記者的に糖質オフラーメンの未来を担うのは豚骨スープであり、カレーだと思っているから。なぜなら豚骨スープ特有のドロドロはざらつきがちな麺の表面をコーティングする効果があるし、様々なスパイスを混ぜ合わせて強烈なインパクトを与えるカレーは、大豆などの風味なんて簡単に吹き飛ばしてくれる。

ちなみに糖質オフの原理は大豆加工品と食物繊維の難消化性デキストリンあたりのようだ。植物性タンパクも使用しているので、カロリーも抑えめにしているのが心憎い。

 

今回は豚骨スープというわけではないけれど、カレーラーメンという方向性は非常に期待せずにいられない。夢の美味しい糖質オフカレーラーメンは、食べることができるのか。

フタをめくるとカレーの香り。そこにお湯を注ぐこと390ml、すると大豆的な香りが沸き立つ。ライザップのカップ麺シリーズでおなじみになっている香り。しかしそれを素早く打ち消すようにスパイシーな香りが立ってくる。

湯入れ時間は4分間。仕上がってフタをめくるともうカレー100%の香り。何ともシャープな辛口カレーの香りがする。

ただカレーと言ってもさらさらタイプ。スープのとろみは多くの場合糖質に直結するので、それは仕方のないこと。スープカレーだと思えばいいし。

まずはスープからと、ずずっとすすったら、喉奥が焼かれた。
「辛っ」
コショウ由来のむせ返る辛さに赤唐辛子も加わったスペシャル辛いカレー。これは強烈。だから”スパイシー”なのか。油断して気管に入ると大ごとになりそうなので慎重に召し上がる。かやくは味付豚肉、ねぎ、赤ピーマン。麺はしっかり太めの油揚げ麺タイプ。

ただおかげで糖質オフ麺の風味もへったくれもない。いや、これは効果的な作戦だ。しかも少なからずとろみもあるので、表面食感対策も万全である。麺もしっかりとコシがあるので、食べ甲斐もある。これはとても良い糖質オフ食品。

ただ一つだけ謎に思ったのは、味が薄めなこと。糖質カットに塩分は関係ないはずなのだが、塩分が控えめで味が今ひとつわかりにくい。なので途中で塩を加えたら、美味しさが炸裂した。本格カレーの味わいとラーメン感が倍増したのだ。出先などで塩が手に入らない場合はお湯を少なめにしても効果は出るだろう(その分さらに辛くなるが)。

今、必死に糖質制限ダイエット/ロカボ食に励んでいる人に、さらに強力な援軍が現れた。全国のファミリーマートで入手可能だ。

関連記事リンク(外部サイト)

『RIZAP サラダチキンバーレモン』マッチョ〜糖質制限ダイエット中の人々に飽きさせない新顔が!
低糖質カップ麺の鬼門・”味噌味”に果敢に挑み勝利した 『RIZAP 濃厚味噌ラーメン』に、拍手を送りたい!
『RIZAP 生姜醤油ラーメン』糖質制限で一番の障害となるラーメン問題をクリアする低糖質カップ麺を実食!
“ファミマでライザップ。”の次なるターゲットはカップ麺。『RIZAP 辛豚骨ラーメン』のその味わいは!?
糖質ゼロのサラダチキン!『RIZAP サラダチキンバー』はワンハンド食べ歩きも可能な超美味ダイエット食!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。