ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ドアーズのライブ上映イベントで26歳以下を招待! ―当時26歳のジム・モリソンが残したメッセージとは?―

ザ・ドアーズのライブ上映イベントで26歳以下を招待! ―当時26歳のジム・モリソンが残したメッセージとは?―

 3月1日に東京・Zepp DiverCity、大阪・Zepp Namba、愛知・Zepp Nagoyaにて一夜限りで行われるザ・ドアーズのライブ・フィルム『ワイト島のドアーズ1970』絶響上映イベントで、各会場100名の『26歳以下限定』招待が決定した。

 ジム・モリソンが在籍した事で知られ、解散後も世界中のミュージシャンに多大な影響を及ぼした伝説のバンド、ザ・ドアーズ。本作は、そのバンドの中心人物であるジム・モリソン存命時に行われた英国ワイト島でのパフォーマンスの全貌が、48年という長い歳月を経て映像化されることとなった作品だ。

 今回、東京・大阪・名古屋で開催されるザ・ドアーズのライヴ絶響上映に、26歳以下限定で招待が決定。これは、27歳で亡くなったジム・モリソンが、26歳の時に行ったパフォーマンスであるザ・ドアーズのライブを捉えた最後の映像を上映するにあたり、当時のジム・モリソンと同年代の若者にもジムの最後のメッセージを聞いてもらいたいという主催者の願いにより実施が決定した。『人生、別の道を歩もうと思うのか?』『“踏み絵”として踏んで突き進むのか?』と毒にも薬にもなるメッセージが込められた作品を是非大音量で感じてもらいたい。なお招待は、各会場100名限定(合計300名)で、必ず写真が入った、学生証・パスポート・免許証等の証明書が必要となる。詳細は、下記の通り。

◎イベント情報
【ライヴ・フィルム『ワイト島のドアーズ1970』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪】
2018年3月1日(木)
会場:東京・Zepp DiverCity、大阪・Zepp Namba、愛知・Zepp Nagoya
開場 18:30 / 開演 19:30
登壇:萩原健太(音楽評論家)
特別ゲスト:亀渕昭信(音楽研究家)
※本編上映前に登壇いたします。
※Zepp DiverCity(TOKYO)のみですが、Zepp Namba(OSAKA)には音声のみ生中継いたします。
※登壇は、予告なく変更になる場合がございます。また都合により、ご本人の登壇が中止になる場合もございます。
[2018年/英国/66分/16:9/2ch/BD/カラー]
企画・主催:(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト
協力:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
(C)2017 Eagle Rock Entertainment Ltd. An Eagle Vision release.
注意事項:
※ご入場の際は、“必ず写真が入った”学生証・パスポート・免許証・社員証等の証明書が必要となります。
※2018年3月1日時点で、26歳以下の方に限ります【1991年3月2日(平成3年3月2日)生まれまで】各会場100名さま限定の御招待となります。
※18歳以下の未成年の方は、必ず保護者の同意を得た上でチケットをご購入・ご来場ください。
また13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方と同伴の上、ご来場をお願いいたします。同伴の方は、チケットの購入が必要になります。
※既にチケットをご購入の方で、26歳以下[1991年3月2日(平成3年3月2日)生まれまで]に該当される方は、当日会場にて証明書確認時、チケット代を払い戻しいたします。ご入場の際に、“必ず写真が入った”学生証・パスポート・免許証・社員証等の証明書をご提示ください。スタンディングエリアでの鑑賞となります。
※ご入場時、ドリンク代500円が必要です。
※入場整理券は、当日11:00amより各会場にて配布。
18:00より整理番号順に並んでいただきます。19:00からのご入場となります。
※ご招待は、スタンディングエリアのみとなります。スタンディングエリアには、チケット購入者さま、優先でご入場いただきます。
※お身体の不自由な方、車椅子をご使用の方はご入場の際、係員へハンディキャップエリアでの鑑賞希望の旨をお伝えください。

ライブ絶響上映公式ホームページ:http://www.110107.com/zepp-de-zekk

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ドアーズ、ライブ映像の絶響上映に音楽評論家・萩原健太が登壇 特別ゲストに音楽研究家・亀渕昭信

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。