ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日韓ボーイズグループの対決?! MONSTA XとSUPER★DRAGON【Chart insight of insight】

日韓ボーイズグループの対決?! MONSTA XとSUPER★DRAGON【Chart insight of insight】

 今週のHot100は、上位10曲のうち7曲が初登場という激戦となった。圧倒的な強さを見せたのは、国内6番目の48グループとなるSTU48。ガールズグループのチャート上位ランクインはすでに定番化されているが、実はボーイズグループも健闘している。

 2位に入ってきたのが、MONSTA Xの「SPOTLIGHT」だ(【表1】)。韓国での人気は日本にもすでに飛び火しているが、この新曲は初めて日本向けに制作したシングルということで話題を呼んでいる。初週のCDセールス枚数が9万枚を超えたことが一番大きな要因で、それに伴ってツイッターのポイントも急上昇(水色のグラフ)。逆にその他のポイントはほぼ加算されておらず、売上とツイッターのみで勝負できる強さはさすがだ。またツイッターに関しては、何度か話題を作って期待感を煽っており、そこもリリース時の瞬発力につながっていることがわかる。

 一方、3位にランクインしたのが、ダンス&ヴォーカル・ユニット、SUPER★DRAGONの「Monster!」だ(【表2】)。この曲も初週のセールスポイントがメインだが、約6万5千枚とさすがにMONSTA Xにはかなわなかった。しかし、彼らはそのセールスを補うために、ラジオのオンエア回数が多少加算されている(緑のグラフ)。これはプロモーションに力を入れたためだろうが、こういった努力が後々響いてくるのは確か。

 今回、奇しくも2組のボーイズグループのリリースが重なった。そして、すでに結果も出たわけが、両グループとも動画再生数は加算されていないし、ツイッターの伸びしろも未知数。今後のプロモーション展開次第では入れ替わる可能性も十分あるといえるだろう。Text:栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオとツイッターを侮るな! Mr.Childrenと星野源がチャートインする理由【Chart insight of insight】
勝因はバランスの良さ?!  WANIMAの圧倒的な強さの秘密【Chart insight of insight】
フィジカルのCDはもういらない?! RYUJI IMAICHIとLiSAの動き【Chart insight of insight】

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy