ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MITからのスピンオフ企業がロボット工学でスペースの最適化に挑戦!音声コマンドで動くユニット家具

窮屈な部屋もロボット工学を活用することで、2倍も3倍広く使える。MIT Media Labからのスピンオフ企業でボストンに拠点を置く「Ori」は、小さなアパートのスペースを最適化するための、スマートなロボット家具を販売している。

モバイルアプリでベッドやクローゼットを出現させたり、音声コマンドで机を呼び出したりできるこの商品について見ていこう。

・Amazon EchoやIoTハブで部屋を変身させる

長年にわたるMIT Media Labでの研究から産まれたOriのシステムは、壁に沿って前後に動くL字型ユニットで、片面にクローゼットやテーブル、引き出し、そしてスライド式のベッドが備わっている。

反対側の面にはテレビ用のスペースやインテリア配置台、引き出しなどが備わっていて、L字型ユニットの側面は棚になっていてい、コートなどをかけるウォールハンガーも備わっている。

小さな部屋は、Amazon EchoやIoTハブを介して、いつでもベッドルーム、仕事部屋からリビングに変身させられる。

・拡張可能なプロトタイプから製品へ

2011年にMIT Media Labのシティサイエンス研究グループから「CityHome」というプロジェクトが立ち上がり、スマートなユニット家具を設計するためにロボット工学、建築、コンピュータサイエンス、エンジニアリングを統合した 「architectural robotics」を創設。これがOriの原型だ。

Media Lab内でプロトタイプを構築した後に、2015年にはこれを拡張できるユニット家具を開発。「筋肉(モーター)、骨格(フレーム)、脳(マイクロコンピューター)、スキン(さまざまな家具)」と呼ばれる構造を標準化した。

この構造を拡張することで、将来的には、さまざまなサイズ、用途のユニットを作成することができるという。

この2年間、アメリカとカナダのさまざまな都市でテスト運用され、改良が重ねられた同システムは、最初の製品を約10000ドル(約110万円)で販売開始。500台の初期生産を予定している。

参照元:Robotic interiors/MIT News

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy