ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山で遭難して8日間を過ごした末に生還した高校生4人のエピソードに反響続々

tozan_sounan

2月5日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「少年4人だけで超ハイレベルな登山に挑戦してしまい、山の災難のフルコースを味わった人。」が紹介され、そのエピソードに反響が集まっています。

番組に登場したジュンタロウさんは、少年時代より山を愛し、中学生の時には登山部に所属していました。しかし進学した高校には山岳部がなかったので、自ら同好会を結成。高校2年生の夏休みに、同好会のメンバー4人で大峰山を登山する計画を立てます。ジュンタロウさん以外は山登り初心者でしたが、沢や滝を登る“沢登り”という難易度の高い登山方法に挑戦したそうです。

【登山1日目】焚き火に手作りのカレー、友との語らい、山を満喫。3日分の食料の半分食べてしまう。
【登山2日目】地図を頼りに山を登るが、地図にはない場所ばかりで違和感を覚え始める。日も暮れてきた頃に道のない垂直の崖に行き当たり、遭難。
【登山3日目】極限状態で全員が幻覚、幻聴を体験。パニックになってしまうメンバーも。川に挟まれた中州にテントをはって救助を待つ。
【登山4日目】責任を感じたジュンタロウさんが抜け道を探すが、過労で発熱してしまう。
【登山5日目】約70人の救助隊が捜索を始めたことをラジオ放送で知る。捜索の目印に黄色のポンチョを川に吊るす。
【登山6日目】雷雨に襲われ、お経を唱えて神頼みを始めるメンバーも。
【登山7日目】「生存の可能性は低い」と報道され、ジュンタロウさん達は絶望。
【登山8日目】「捜索の打ち切り」を聞き、全員が死を覚悟。遺書を書き始めるが、捜索を引き上げてる最中の救助隊が、目印に吊るしておいたポンチョを発見。奇跡的に救出される。

この体験談に、ネット上では「ナイスポンチョ」「運がいいな」「本当にギリギリや」「バラエティじゃなくて書籍化しろ」といった反応が集まっていました。なお、専門家によると、一般的に山で遭難したら、山頂を目指すのが難しい場合はむやみに動き回らず、その場に留まりレスキュー隊を待った方がいいとのことでした。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。