ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJI TELLOの国内版がAmazonで予約開始、3月に発売

DJI と Intel の技術を結集して開発された今年大注目の小型ドローン「DJI TELLO」の国内版は 3 月に発売されるようです。SkyLink Japan が Amazon.co.jp を通じて予約受付を開始しました。同ショップだと発売日は 3 月 14 日です。TELLO(Ryze が開発・製造し、DJI のブランドで発売)は、米ドルだと $99(日本価格は 12,800 円)と安いながらも、DJI ドローンが安定してホバリングする秘訣のビジョンセンサーを底部に備え、DJI のフライト技術を活用しており、手の平から離陸・着陸するほか、サークル、360、アップ & アウェイのショートムービーを撮影できる「WZ Shot」を搭載するなど、これまでのトイドローンには無かった多くのインテリジェントなフライト機能を搭載しています。また DJI より公開される TELLO SDK を利用すると、TELLO 用のドローンアプリやアクセサリーを自作できるので、プログラミングやドローンの学習機材にも適しているとして注目を集めています。フライト機能だけでも素晴らしい内容なので、おそらく TELLO は今年ヒットすると思います。ただ、TELLO はスマートフォンの Wi-Fi で飛ばす機体なので、フルスペックの DJI ドローンのように高く遠くに飛ばすことはできませんし、GPS / GLONASS は搭載していないので大自然の空撮には不向きでしょう。カメラは 500 万画素でジンバルは付いていませんが、電子式のスタビライズ機能を搭載しているので GoPro のように安定した動画を撮影できると思います。撮影可能な動画の解像度は 720p です。フライト時間は公称 13 分となっています。トイドローンの標準的なフライト時間は 6 ~ 8 分なので、明らかに長持ちです。Source : Amazon

■関連記事
Mobizen Live : YouTubeのライブ配信を手軽に行えるアプリ
Galaxy S9 / S9+の最新情報、カメラが大幅に強化
Fitbit Ionic用の純正アクセサリーバンドが国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy