ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia XA2 / XA2 Ultraのモックアップレポート

Sony Mobile から来月頃に発売になる 2018 年モデル「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」のモックアップレポートをお届けします。当ブログの台湾特派員 W 氏が現地の Sony ストアを訪れ、店舗に展示されているモックアップや陳列棚の風景を撮影してきてくれました。W 氏が訪れた店舗にすら未だ実機が来てないようなので、実際に発売されるのはもう少し先になると思われます。おそらく MWC 2018 前でしょう。Xperia XA2 / XA2 Ultra は、一年前に発売された Xperia XA1 / XA1 Ultra の後継モデルで、XA2 の方はディスプレイサイズが 5.2 インチに拡大し、Xperia XA2 Ultra には前面にデュアルカメラが付き、自撮り画質が向上しました。両モデルに共通しているのはプロセッサが Qualcomm 製に変わった点で、おそらくシステムパフォーマンスや通信機能、カメラ機能が向上していると思われます。CES 2018 でのリリース文では伝わりづらいのですが、モックアップに触れると、筐体が金属っぽい質感になり、丸みを帯びたデザインに変更され、触った感じは前モデルから一新しています。マンネリ化していたループサーフェスデザインを基本にしているものの、新鮮さが加わった感じです。Xperia XA シリーズの特徴とも言えるのはその「軽さ」です。XA2 シリーズでは、やや重たくなっていますが、筐体の質感が良くなったのとバッテリー容量が大幅に増加しているので、改善点も多く見られます。私は今年、Xperia XA2 Ultra ヲ入手するつもりです。理由はやはりフロントデュアルカメラでしょう。これを試してみたいという思いがあります。ちなみに、既に発売中の Xperia L2 のパッケージデザインです。2017 年モデルと比べてフォントカラーが変わったようです。Xperia XA2 / XA2 Ultra、そして Xperia L2 は台湾の日本向け通販サイト「町のお店」で予約中です。Source : 町のお店

■関連記事
ドコモ、30以上の専門チャンネルを取揃えた「dTVチャンネル」を1月30日に開始
Xiaomi、ファイル管理アプリ「Mi File Manager」をGoogle Playストアで公開
DJIドローンで撮影した360パノラマ空撮写真をGoogleフォトで閲覧可能にする方法

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。