ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「彼女にフラれたのはスニーカーを勧めた店員のせいだ!」 悪質クレーマーのヤバすぎる迷惑行為に呆れる人続出

claimer_ojisan

悪質クレーマーの実態とは……

1月24日放送のニュース番組『あさチャン』(TBS)にて、「お客様はモンスター!? 増加する悪質クレームの驚きの実態!」が紹介され、反響が集まっています。

番組内で、紹介されたクレーム実体験は以下の通り。

・スーパーで1人限定1パックの商品を2パック購入しようとする主婦「お腹の中に来月にも生まれてくる子供がいるのよ! だからこの子の分も大丈夫よね!」と主張。

・飲食店での男性客「病院に行くからタクシーを呼べ!」と要求。病院に行く理由は「グラスが凍ってる!手がしびれてきたぞ!」

・焼き肉店で会話に夢中になっていた女性3人客「お肉が真っ黒こげだから取り替えて! お金は当然払えないわ! 食べてないんだし」

・「彼女にフラれたのはスニーカーを勧めた店員のせいだ!」という男性客。なぜなら「(店員に)素足に履くとカッコいい言われたのに『足がクサイ』とフラれた」とのこと。

・宿泊施設で「毎度」とあいさつをする店員に、「離婚の原因はお前のせいだ!訴えてやる!!」と主張する男性客。言い分は、施設に初めてきた妻が「毎度」とあいさつされるのはおかしいと浮気を疑い、離婚することになったとのこと。

ネット上では、「常人にはできない発想だわ」「あほすぎる」「あきれて何も言えん」「お客様は神様なのか?」といった反応があり、自分勝手なクレームに呆れてしまっている人が多い模様でした。

また、番組内ではクレームへの対応も紹介され、「バス会社に、“回送中”で通り過ぎるバスが多いとのクレーム。→表記を“すみません回送中です”へ変更」「ナンバープレートに数字の“42”が含まれていると、“死に”と連想されて縁起が悪いとクレーム。→番号を変更」「お祭りの露店で販売しているお面には、思わぬ事故を防ぐため“おでこにつけてあそんでね”との注意書きを記載」と、企業側の苦労が明かされていました。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy