ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性写真家が描き出す、末期癌の夫との「生」の記録

女性写真家が描き出す、末期癌の夫との「生」の記録

 これまで『かなわない』や『家族最後の日』などで、母との絶縁や夫との関係性について赤裸々に書いてきた植本一子さん。彼女による最新作が『降伏の記録』です。

 植本さんは広告や雑誌などで活動する写真家。24歳年上の夫でありラッパーでもあるECDさん(石田義則さん)との間にはふたりの子どもがおり、そして現在、ECDさんは末期癌をわずらい闘病中です。

 本書の大部分は、2016年11月から2017年7月の間に書かれた植本さんの日記をまとめたもの。そこには繰り返される夫の入退院、絶縁したはずの実家から届く手紙や荷物、けっして投げ出すことのできない子育ての日々などが描かれています。

 そんな過酷ともいえる状況のなか、植本さんはあることに気づきます。それは夫の石田さんとの決定的なすれ違い。コミュニケーションを求めても、けっして認められない、受け入れられることがないという絶望的な思いです。

 結婚後、他に恋人を作った植本さんがそれを原稿に書いても「よく書けているね」と褒める夫。植本さんが子育てで孤独におちいり地獄のような日々を送っていたときも向き合おうとしなかった夫。植本さんはこれまでこうした部分に対し、「自分の結婚が失敗だったと思いたくない」「どこかで石田さんのことを物分かりのいい人だと思いたかった」との思いからどこか気づかないようにしてきたといいます。

 けれど夫が末期癌になり、それでもなお夫にやさしい気持ちを持てず、精神的にギリギリの状況まで来て、ようやく自分の本当の気持ち、夫との関係性について見つめ直すこととなった植本さん。書くことで自分の思いを放出する以外、彼女にはもはや方法がなかったのかもしれません。

 植本さんの他の著書もそうですが、読んだ人の評価はかなり賛否両論。けれど、ふつうの人であれば隠しておきたくなるような人間の醜い部分、あかるみにしたくない部分をさらけ出し、それを出版して公表するということは、なかなかできることではありません。好きにせよ嫌いにせよ、きっと人々はそこに惹きつけられるのではないでしょうか。

 しかし、日記形式の大部分は序章に過ぎないといえるかもしれません。巻末におさめられタイトルにもなっている「降伏の記録」こそがメイン。そこには写真家・植本一子というレンズを通して嘘いつわりなく映し出されたある夫婦の姿があります。夫婦とは何か。家族として暮らすとはどういうことか。ぜひ皆さん自身で読んで、考えていただきたいところです。結婚している人、パートナーがいる人にとっては、あまりに大きく大切なテーマを投げかけられた気持ちになり、しばらく茫然としてしまうに違いありません。

■関連記事
実母との絶縁、夫の余命宣告……写真家・植本一子が描く”家族”のリアル
「家族にしてもらったこと」を考えたことある?
夫婦はお互いのことを理解していない方がうまくいく?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy