ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【完全攻略法】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコース

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
アンコールワット遺跡群を巡る基本的はコースには、アンコール・ワット、アンコール・トム(バイヨン寺院)、タ・プロームとバンテアイ・クデイなどをまわる、小回りコースと、プリアカン、バンテアイプレイ、ニャックポアン、タソム、東メボン、プレループなどをまわる大回りコースがあります。

カンボジアを訪れたら、一度は回りたいのが、小回りコース。

このコースのツアーは、ほとんどのシェムリアップのホテル、街の旅行会社にあり、所要時間も4〜5時間のため、気軽に参加しやすいです。今回はこのアンコールワットの小回りコースの見どころをご紹介。

一生に一度は訪れたい世界遺産として人気のアンコール・ワット寺院

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
数あるアンコールワット遺跡群の中でも、サンライズから多くの観光客が訪れるのが、アンコール・ワット寺院です。12世紀前半にスーリヤヴァルマン2世が30年あけて建立したヒンズー教の寺院で、カンボジアの国旗の中央にも描かれています。

アンコールワット寺院は、アンコール・ワットの遺跡群の中でも、最大規模を誇り、寺院を囲む濠と参道、3つの回廊、5つの塔からなります。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
アンコールワット寺院の見どころのひとつは、第1回廊の西面南にあるレリーフ。古代インドの戦いの場面が描かれています。また南面東には「天国と地獄」をテーマにしたレリーフが並んでいます。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
第2回廊で見ておきたいのは、デバター(女神像)のレリーフ。それぞれの女神のヘアスタイル、表情、服飾が異なり、ユニークです。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
急な階段をのぼった、第3回廊では、デバターなどの繊細なレリーフはもちろんのこと、テラスからの見渡せる景色も素晴らしいです。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
また江戸時代に徳川家光によって派遣された森本右近太夫一房の墨書(落書き)の「ここに仏四体を奉るものなり」が残っていますので、これも忘れずに見ておきたいところ。江戸時代にアンコール・ワットを訪れた日本人がいた事実に驚かされます。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
大きな沐浴場も必見。昔、どのようにしてここに水を溜めていたのでしょうか。気になりますよね。さらに第3回廊では、祈りを捧げる僧侶とカンボジア人の姿を見ることもでき、神聖な気持ちになります。

やさしい微笑みを浮かべるバイヨンの四面像に圧巻! アンコール・トム

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
アンコール・ワットの小回りコースで、次に訪れることが多いのが、アンコール・トム。この遺跡は、クメール王朝最盛期の12世紀から、ジャヤヴァルマン7世によって構築された都市跡です。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
そんなアンコール・トムの遺跡の中でも、外せないのはバイヨン遺跡。やさしい微笑み(クメールの微笑み)を浮かべる四面像の塔が印象的な遺跡です。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
四面像の塔の中は、涼しいのですが、どうやらコウモリが住み着いているようで、コウモリの鳴き声が聞こえ、フンなどが落ちてきました。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
バイヨン遺跡は、アンコール・ワット寺院と同じく3層からなり、第1回廊には、アンコールワットにもある乳海攪拌のレリーフ、第2回廊にはチャンパとの戦いや市場の様子のレリーフがあり、第3回廊はテラスになっていて、四面像をじっくり眺めることができます。

【永久保存版】一度は行きたい世界遺産、アンコール・ワットの小回りコースを完全攻略
アンコール・トムの見どころは、バイヨン遺跡だけではありません。南大門の左右それぞれ54体の巨人が並び、迫力があります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。