ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“敏腕”と言われる人ほど〇〇を最重要事項と考えるーー『マネーの拳』に学ぶビジネス格言

“敏腕”と言われる人ほど〇〇を最重要事項と考えるーー『マネーの拳』に学ぶビジネス格言

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。三田紀房先生の『マネーの拳』、第7回目をご紹介します。

『マネーの拳』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。

ここでは、私がオススメする名作マンガの一コマを取り上げます。これによって名作の理解を深め、明日のビジネスに生かしていただくことが目的です。マンガを読むことによって気分転換をはかりながら、同時にビジネスセンスも磨くことができる。名作マンガは、まさに一石二鳥のスグレモノなのです。

f:id:fujimine:20171225180100g:plain

©三田紀房/コルク

【本日の一言】

「ビジネスチャンスとは街の中ではなく、人との関わりの中にあるのかもしれない」(『マネーの拳』第1巻 Round.8より)

地元・秋田の高校を中退した花岡拳(はなおかけん)は、友だちの木村ノブオとともに上京。花岡は、偶然始めたボクシングによって才能が開花し、世界チャンピオンにまで上り詰めます。

その後、ボクシングを引退した花岡は、タレント活動をしながら居酒屋を開業しますが、経営は思うようにいきません。そんな時に知り合ったのが、通信教育業界の成功者・塚原為之介会長でした。花岡は会長の教えを受けながら、ビジネスの世界でも頂点を目指すべく、新しいビジネスをスタートさせますが…。

資金はあっても、アイデアがなければ起業はできない

塚原会長からの申し出により、ホームレスを10人雇用する代わりに1億円の出資を受けた花岡。しかしこの期に及んでも、いまだに新しいビジネスを思いつけずにいました。いくら1億円の資金があるとはいえ、ぐずぐずしていては、雇用したホームレスへの人件費や事務所の家賃、諸経費などに消えてしまいます。

ビジネスのことで頭がいっぱいの花岡が事務所に戻ってみると、事務所荒らしに遭遇します。犯人を捕まえたところ、何とそれは従業員の西野でした。実は、西野はかつて縫製工場の2代目社長でした。しかし外国との厳しい価格競争の中で不渡りを出してしまいます。家族にも愛想をつかされ、何もかも嫌になった西野は、工場を放り出して2ヶ月前に失踪。けれど明日に迫る640万円の手形決済日を前に、いたたまれずに事務所に忍び込んだのでした。

西野の話に何かを感じた花岡。翌日、資金を準備し、西野に「このお金で手形を決済し、そのまま一緒に工場へ向かう」ことを告げるのでした。

会社は赤字でも潰れるとは限らない

西野の工場は親の代からの負債が1億円ほどありました。とはいえ、「従業員16名を抱え、年商も4億円ほどあった」ことが物語の中で語られています。確かに競争は厳しいものの、決して絶望的な経営状態、というワケではありませんでした。

意外なことかもしれませんが、会社は経営が黒字であっても潰れることがあります。逆に、赤字になっても必ず潰れるとは限りません。実は会社とは、お金が回らなくなった時に潰れます。

通常、会社は先に商材を仕入れて、それを加工・販売し、受け取った代金の中から給料を支払ったり、仕入れ代金の返済に充てたりしています。このサイクルを「お金が回る」と言います。ここで万一、取引先からの入金が遅れたりすれば、支払いができなくなる可能性があります。支払い期日がきても支払いができなくなることを資金ショートと呼びます。

もし、お金がすぐに入ってこなくても、預貯金があればそこから支払いはできます。しかし資金に余裕がないところは、入ってくるお金の中からやり繰りしなければならないため、資金ショートを起こしやすくなります。西野の工場では、これが起こって支払いが滞ってしまったワケです。

凄腕経営者は、どのようにして倒産を回避したのか?

一つ、実話をお話しましょう。私の知り合いで、20代の頃に起業したベテラン経営者がいます。その方のお話によると、今の事業を始めたばかりのころに、資金ショートを起こしそうになったことがあるということです。会社が倒産の危機に陥ってしまった知り合いは、全従業員を集めてこう言いました。「大変申し訳ないが、実は今、会社が倒産の危機にある。今月中にこれだけの売り上げが上がらなかった場合は、この会社を潰すしかない」と。

その数字は、今までの売り上げ推移からすると、無謀とも言えるような金額だったそうですが、社長からその話を聞いた従業員たちは一致団結し、みんなでその数字をクリアすることによって、会社の危機を救ってくれたのだそうです。

知り合いが倒産を回避できた背景としては、

(1)資金ショートが起こる前に事前に察知し、早めに回避策を考えたこと

(2)社長が腹を割って全従業員に本当のことを話したこと

などが考えられます。

これは常日頃から、社長が従業員との間に信頼関係を築いてきたからこそ、できたことです。

会社も「人とのつながりが基本である」のは変わらない

実際、会社でお金が回らなくなるのは、必ずしも「お金だけが原因」ということではありません。その根本的な原因を探っていくと、結局のところ、“人とのご縁”がうまくいってない時に起こります。人とのご縁とは、たとえば銀行、取引先、顧客、従業員等々とのつながりのことです。会社を動かすための運転資金が足りなくなるのは、必ずどこかが滞っているからです。

先の例は、従業員が会社を救ったパターンでしたが、誰がいつ、そうした危機を救ってくれるのかはわかりません。一つ確かなことは「今、関係性を持っている人の中にこそチャンスがある」ということです。ですから、うまくいっている時こそ、人と人との関わり方を大切にしていきたいものですね。

俣野成敏(またの・なるとし)

大学卒業後、シチズン時計(株)入社。リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)と『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に12万部を超えるベストセラーに。近著では『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』が13刷となっている。著作累計は35万部超。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家としての活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設。マネースクール等を主宰する。メディア掲載実績多数。『ZUU online』『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも寄稿している。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。一般社団法人日本IFP協会金融教育顧問。

俣野成敏 公式サイト

【関連記事】

→ 俣野 成敏氏の記事一覧

関連記事リンク(外部サイト)

いくつ当てはまる? デスクが散らかっている人の「ダメな特徴」
夫が家事育児を「手伝う」感覚、家庭はどうなる?~川崎貴子の「チーム家族」痛快コラム
今年こそ、「残念なTOEIC対策」から卒業しよう

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy