ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロトラベラー・aiaiさんに聞く、最高の美景が見られる旅先の見つけ方「“キュンキュン”した景色を見つけたら、直感を信じて旅します」

プロトラベラー・aiaiさんに聞く、最高の美景が見られる旅先の見つけ方「“キュンキュン”した景色を見つけたら、直感を信じて旅します」 プロトラベラー 旅行 Instagram Instagram aia フロムエー フロムエーしよ プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよ

aiaiさんは、日本でたった8人(2017年12月現在)の“プロトラベラー”。彼女はInstagramを通じて、旅先で出合った感動的な景色を、女子目線で発信しています。そこでプロトラベラーのaiaiさんに、美景が見られる旅先の見つけ方や、これから卒業旅行を計画するという学生さんにおすすめの旅先などを聞きました。

 

“女子旅”がテーマの、Instagramアカウントを参考に

プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよどこを見渡してもブルーの景観が広がる、モロッコの都市・シャウエン

――美景が見られる場所を探す時、参考しているものはなんですか?

Instagramの海外ユーザーのまとめアカウントです。一番チェックしているのは、“女子旅”をテーマにしたもの。絶景のまとめアカウントも参考になりますが、山岳カメラマンが撮った“ガチ”の写真も多いので…。現実的に行ける、すてきな景色のある場所を探したい時は、女子旅アカウントがぴったりだと思います。

――Instagramで情報収集するメリットはなんでしょうか?

Instagramは、写真が好きな人や写真にこだわりのあるユーザーが多いですよね。好みの写真を見つけて撮影したユーザーアカウントに飛ぶと、似た感性の人の旅先も知れます。数珠つなぎのように、今回は行けなくても、次回に行きたい場所の候補ができるんです。情報収集がしっかりできることが、Instagramを活用するメリットではないでしょうか。

でも、心が動かされるというか、景色に“キュンキュン”したら行ってみよう!みたいな、直感も大事だと思います。わたし自身、直感を信じて旅した時の方が、「(場所に)呼ばれたのかな?」と思うほど旅の満足度を感じますね。

 

時間に余裕がある学生旅行には、モロッコや南米がおすすめ

プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよモロッコの世界遺産「アイット・ベン・ハドゥ」での1枚

――卒業旅行シーズンですが、卒業旅行や学生旅行におすすめの場所を教えてください。

まずは、モロッコです。景色もいいし物価が安いので、現地でも過ごしやすいと思います。初めてモロッコを旅する方は、マラケシュ、シャウエン、サハラ砂漠の3カ所は、必ず、訪れてほしいですね。最短で6泊7日の行程なので、時間に余裕のある学生さんにおすすめです。

モロッコで体験してほしいのが、サハラ砂丘のテントに宿泊する「砂漠ツアー」。テントは電気も水道もない簡易的なものですが、砂漠の壮大さを全身で感じられます。砂漠ツアーは、周辺の街・メルズーガにある各宿で申し込めますよ。プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよラクダに揺られて、サハラの砂丘へ。砂の上で、広大な景色を堪能

――ほかに、おすすめの国や地域はありますか?

今はかなりメジャーになりましたが、ボリビアの「ウユニ塩湖」(タイトル写真)はいいですね。ちょうど、卒業旅行シーズンの2・3月は塩湖の水量が多く、湖面に水が張る可能性が高いんです。その景色は、感動の一言!まるで、天国にいるかのようです。南米に行くまでに日数もかかり、塩湖は標高の高い場所にあるので体力も必要。そういう意味でも、若い時に行っておきたい場所かなと思います。

――「ウユニ塩湖」と合わせやすい、南米のおすすめスポットはありますか?

定番ですがマチュピチュやアルゼンチンに足を伸ばしてみてはどうでしょうか。特に、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスの南東にある「ボカ地区」は、街並みがカラフルでとてもユニーク。どこで写真を撮っても絵になります。プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよボカ地区でのワンショット。ブエノスアイレスでここだけ、カラフルポップな街並みが広がる さらに時間があれば、パタゴニアの「氷河トレッキング」にも挑戦してほしい!海外旅行で海や山には行く機会がありますが、氷河はめったに見られないので…。体力は必要ですが、「来て良かったー!」と心から思えた場所のひとつです。プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよ圧巻の氷河風景が見られる、氷河トレッキング。天気が良ければ、軽装で登ることもできるのだとか

 

景色と服がコーディネートされていると、写真の完成度は上がる

プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよマラケシュのリヤドにて。白いワンピースを着たaiaiさんが、風景に溶け込んでいる

――旅先でのファッションにテーマはありますか?

無意識ですが、行く場所に合わせて服をチョイスしているかもしれません。例えば、サハラ砂漠で風になびいているシーンを撮りたいから、マキシのワンピースを持っていこう、とか…。

これも、instagramの女子旅アカウントからインスピレーションをもらっています。以前は、旅先でおしゃれしつつも、“動きやすさ”が優先でした。でも、Instagramで、きれいなワンピースを着た女性トラベラーのとてもすてきな写真を見て、「お洋服でこんなにも写真の印象が変わるんだ。旅行中はむしろ、おしゃれを頑張った方がいいんだ!」と考え方が変わりました。

景色と服が合っているかどうかで、写真の完成度が全然違います。コーディネートが苦手だという方は、Tシャツでもいいので、旅先では白い服を着てください。風景をじゃますることなく、すてきな写真が撮れると思いますよ。プロトラベラー 旅行 Instagram aiai フロムエー フロムエーしよ沖縄・宮古島にて。離島ではシュノーケリングも楽しむというaiaiさん

――今後、aiaiさん自身は、どんなところを旅したいですか?

海外もいいですが、国内にも美景が見られる場所がたくさんあります。個人的には、沖縄の宮古島や石垣島周辺の離島も大好きです。今後は、美景を探してみんなに伝えるという信念はぶらさず、国内で集客に伸び悩む観光地のお手伝いなんかもできたらいいなと思っています。

 

まとめ

instagramをフルに活用するトラベルスタイルが、とても印象的でした。「より良い現地ツアーや宿を探すために、ちょっと英語を頑張って、海外サイトの口コミも調べてみてください」と、とっておきのコツも教えてくれました。

スタイリッシュでありながら、かなりアグレッシブ。卒業旅行や春休みの旅行先を探している学生の皆さん、aiaiさんの旅スタイルを参考に、今までと違う旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  ■プロフィール■

aiai

プロトラベラー®

人生で大切にしているものはトキメキ、直感、笑顔。インスタグラムに投稿する写真は、優しい色合いと大らかな写真が特徴で、本人の人柄を表している。身長153cmと小柄ながらも、年間15回以上の海外渡航を行うタフさを持つ。

2017年10月、彼女が愛してやまない国の1つモロッコのトラベル本「Wander in MOROCCO」を上梓。instagramのフォロワー数49万人(2017年12月現在)の超人気インスタグラマーでもある。

*プロトラベラーはミツバチワークス(株)の商標登録です。

◆instagram:https://www.instagram.com/aiai0311/

 

取材・構成・文:石上直美(verb)

写真提供:ミツバチワークス(http://www.328w.co.jp)

関連記事リンク(外部サイト)

俳優、志尊 淳インタビュー「いい子をやめたら、仕事がもっとおもしろくなった」
現役大学生で“世界一” DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」
【憧れシゴト図鑑】 映画『3月のライオン』、ドラマ『名刺ゲーム』ほか話題作の物語を組み立てる脚本家・渡部亮平さんインタビュー

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy