Sony、Googleアシスタント対応のワイヤレスヘッドホンをCES 2018で発表

access_time create folderデジタル・IT
Sony は 1 月 8 日、米・ラスベガスで行われた CES 2018 のプレスカンファレンスで Google アシスタントに対応したワイヤレスヘッドホン「WF-SP700N」と「WI-SP600N」を発表しました。従来製品でもボタン等の長押しで Google アシスタントを利用することは可能でしたが、あくまでもそれはスマートフォン上で Google アシスタントを実行してそのボイスフィードバックをイヤホンを通じで聴き取るというものでした。WF-SP700N と WI-SP600N は Google アシスタントに対応したことによって、ボタンを長押ししている間に声を入力することができるだけでなく、通知の有無を確認したり、もし通知があればそれを読み上げさせることも可能になっています。ヘッドホン操作に最適化された Google アシスタントを搭載しているということです。WF-SP700N は左右独立型のスポーツ向け完全ワイヤレスヘッドホンで、この手の製品では世界で初めてノイズキャンセリングと IPX4 レベルの防滴に対応しました。またアンビエントサウンドモードによって外音取り込み、周辺の音を聞きながら音楽を楽しむことができます。Source : Sony

■関連記事
HTCのEdgeランチャーがロック画面上での表示に対応、配置のカスタマイズ機能や新ツールも追加
Sony Mobile、スマートフォン向けの片耳用ワイヤレスヘッドセット「Mono Bluetooth Headset MBH22」を発表
Sony Mobile、「Xperia L2」を正式発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧