ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【激怒】一般人が高須クリニック院長を侮辱して裁判へ / 高須氏が謝罪求めるも逆に挑発 → 名誉棄損で訴訟

saiban1

高須クリニック院長であり、浄土真宗僧侶でもある高須克弥氏(72歳)が、一般人から侮辱的な言葉を浴びせられたため、裁判に向けて手続きを進めていることが判明した。

・高須克弥氏と西原理恵子氏を侮辱
訴えられる人物は「虫尾緑」(ミュージオミドリ)というニックネームの人物。この人物はTwitterに「西原理恵子自身が、高須の慰安婦という存在な訳ですから」と書き込みし、高須克弥氏と西原理恵子氏(53歳)を侮辱したと指摘されている。

・謝罪どろか挑発される
その後「おい! こら すぐに謝罪しろ。だだではすまさない」と高須克弥氏が虫尾緑氏に警告。しかし謝罪はなく「おっ、やるのか?」と挑発までされたため、高須克弥氏は戦うことを決意。「謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました」と発言し、開戦の狼煙をあげたのだ。

西原理恵子自身が、高須の慰安婦という存在な訳ですから・・・
RT 西原理恵子が高須院長と「朝鮮人絶滅」を叫ぶ犯罪的ヘイトデモを応援…パートナーに引きずられたではすまない責任 https://t.co/uixZHxnN4N @litera_webさんから

— 虫尾緑(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

おい❗こら
すぐに謝罪しろ。だだではすまさない。 https://t.co/oYCxmanHHX

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月7日

おっ、やるのか?

— 虫尾緑(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました。いま連絡した担当弁護士さんの話では本人特定のためにTwitter社さんの協力が必要だそうです。ご迷惑をおかけします。
よろしくお願い申し上げます。 https://t.co/AwzP3T7YqM

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月7日

高須克弥さん初めましてこんばんは。
先ほど帰宅したところです。
高須克弥先生にとって、西原理恵子さんは、お互いが心をなぐさめあい、労をねぎらいあう対象(慰安)の女性のお友達(婦人)ではいらっしゃらないのですか?

— 虫尾緑(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

この世知辛い世の中で、心を許せる友人を持たれている事に対し私はとてもうらやましく思っていますよ。

この事以外なんら言及はさせて頂いていませんが、何か心に触るようなことがあるようでしたらお伝え頂ければありがたいです。
文中、敬称を略させて頂いている所は申し訳ありませんでした。

— 虫尾緑(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

『慰安婦』が侮辱だとよく知ってるてはないか❗💢😠💢
適当な言い訳は謝罪ではない。
法廷で弁明したまえ。聞きに行くから。 https://t.co/Ts0y8C2lbC

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月8日

image24

・高須克弥氏「法廷で弁明したまえ」
高須克弥氏が本気で怒っていることに気が付いたのか、虫尾緑氏は言い訳を書き込み。しかし納得がいく理由ではなかったため、高須克弥氏は「法廷で弁明したまえ」とバッサリ。今後、裁判にて白黒つけられることになりそうだ。

誰でも思ったことを簡単に書き込める時代、何を書けばどうなるのか、そのあたりしっかり考えてから行動に移したいものである。

もっと詳しく読む: 一般人が高須クリニック院長を侮辱して裁判へ / 高須氏が謝罪求めるも逆に挑発 → 名誉棄損で訴訟(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/08/katsuyatakasu-saiban/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき