体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今度は『ポッキー』がイケメン擬人化!極細は御曹司・いちごは小悪魔……人気声優陣のボイス付き

さまざまな公式擬人化が続いていますが、今度はあのチョコレート菓子『ポッキー』がイケメン擬人化!

江崎グリコ株式会社は、定番ロングセラーチョコレート『ポッキー』の新キャンペーン『恋人はポッキー -Love with Pocky-』を、12月26日(火)より開始。今回のキャンペーンでは、期間中に販売されるポッキーの主力5商品(ポッキーチョコレート・ポッキー・ポッキー・つぶつぶいちごポッキー・アーモンドクラッシュポッキー)のパッケージに、ARアプリ「aug!」をダウンロードしたスマートフォンをかざすと、それぞれのポッキーを擬人化した5人の男性キャラが登場します。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/70759[リンク]

それぞれのイケメンポッキーを演じるのは、内田雄馬さん、櫻井孝宏さん、諏訪部順一さん、梶裕貴さん、江口拓也さんら、人気声優陣!

胸キュンボイスで突然告白されたり、一緒に「シェアハピ」したりなど、語りかけてくる内容は時間帯によって変わり、恋人が一日中そばにいるようなリアルな感覚を楽しむことができます。また11時11分にしか聞くことのできないスペシャルボイスも収録! 時間帯によってさまざまな言葉を、恋人気分で語りかけるARボイスとアニメーションで楽しめちゃいます!


サンプル動画:『ポッキー』イケメン擬人化『恋人はポッキー -Love with Pocky-』ボイス付き
https://www.youtube.com/watch?v=m8dkBwkERwc&feature=youtu.be[YouTube]

表情もモーションも変化するみたいですね! どんなパターンがあるのか楽しみ!

また、CVを担当した声優陣のインタビューも到着。それぞれ印象的なセリフについても語っており、櫻井さんの「膝枕でうろたえる」や江口さんが演じたアーモンドクラッシュポッキーのキャラも気になります!

内田雄馬さん(ポッキーチョコレート:赤澤幸一郎役)インタビュー

――演じたキャラクターについての感想をお聞かせください。
「すごく真っすぐで、純粋な感じがしました。他の人だったら結構キザになってしまうようなセリフも、ストレートに伝えられるというか。そういう素直なところがとても素敵で、僕自身も憧れるようなキャラクターを演じることができて、すごく楽しかったです」。

――イチ押しのセリフをお聞かせください。
「やっぱり『大好きだよ』ですね。今回の収録の中で、いろんなパターンの『好き』を言うシーンがあったんですけど、このセリフは彼の性格、人間性を一番表しているんじゃないかなって。女性に対して『大好きだよ』って言うセリフは、意外と難しいんですよ。そういう言葉をストレートに伝えられる人は、やっぱり凄いなと思いました」。

――今年の冬、日本中のお店で「恋人はポッキー」パッケージが並びます。ポッキーファンの皆さんにメッセージをお願いします。
「皆さんもご存知だと思いますけど、ポッキーすごく美味しいです。今もポッキーを食べながらお話しさせていただいていて……行儀が悪くてすみません(笑)。僕が演じた赤澤君とシェアハピしながら、この美味しい想い、甘い想いを、ダブルで楽しんでいただけたら嬉しいです。皆さん一緒に、たくさんポッキーを食べましょう!」。

櫻井孝宏さん(ポッキー:京極次彦役)インタビュー

――演じたキャラクターについての感想をお聞かせください。
「名前から感じられるんですけど、育ちが良くて、すごく端正なキャラクターというのが第一印象です。端正なキャラクターが故の照れというか、ちょっとウブで、意地悪したくなるような感じもあるし、優しくて思いやりがあるというようなニュアンスも感じました」。

――イチ押しのセリフをお聞かせください。
「オシャレだなと思ったのは『月が綺麗ですね』というセリフ。要はこれ、『アイラブユー』ってことですよね。夏目漱石のようなインテリジェンスを感じさせつつ、京極次彦くん独特の照れ隠しでもあり、すごく個性を表しているなと思いました。もし彼のそういう性格を相手が知っていたとしたら、察するじゃないですけど、じんわり伝わるような表現というか。あと、「膝枕でうろたえる」というセリフも好きですね」。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。