体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フクロウカフェ、忍者レストラン……外国人に人気の都内のスポットに行ってみた

フクロウカフェ、忍者レストラン……外国人に人気の都内のスポットに行ってみた

こんにちは。あぐ味と申します。

都内に住み、暇な日は山手線であてもなく出かけ、どこにも降りることなく延々とこの世界を回り続ける、ぶらり旅が下手な大学4年生です。

そんな私に、「外国人に人気があるスポットって気になりませんか?」と、お誘いがありました!

たしかに、海外の人たちが訪れる日本のスポットって、ずっと日本に住んでいる私などはなかなか行かない、穴場スポットかもしれませんよね。

というわけで、「外国人に人気がある都内のスポット」に行ってまいりましたので、ご紹介いたします!

海外の人々はこういう部分を楽しんでいるのかな、と想像しつつ、エキサイティングな一日を過ごしてまいりました。GO! GOGO! OK!

フワフワなフクロウさんと、静かなうっとりタイムを

アキバフクロウ

はい。あまりのかわいさに、規制レベルで目がトロンとしちゃってますが、ここはJR秋葉原駅から徒歩2分の「アキバフクロウ」です!!!!

完全予約制のこちらでは、1時間2,000円で、あちこちにいるフクロウさんを眺めたり、優しくタッチしたり、選んだフクロウさんを腕に乗せたりできます。飲食物の提供は行っていませんが、ふた付きであれば飲み物の持ち込みが可能です。

海外ではフクロウさんと触れ合える場所がないそうで、外国のお客さんがたくさんいて、フクロウさんの額に指をそっと当てながらニコニコ。

というのも、フクロウさんはかなりデリケートで、「ムキャー!!!」と大きな声で騒いだり、なでまわしたりはできません。かわいすぎて「ムキャー!!!」が出そうになるけど、グッとこらえます。
きちんとマナーを守る良いお客さんばかりなので、ここにいるフクロウさんは幸せだなぁ。

アキバフクロウ

ほら。みんなものすごく幸せそう。ほんとにフワッフワなんですよ。

名前も面白くて、「焼き芋」や「チャールズエグゼビア」という子もいれば、「よしのり」という子もいました。どういう由来なんだろう。
1羽1羽個性があるので、一緒に過ごしているうちに名前を覚えてしまいます。

アキバフクロウ

制限時間内に2羽だけ選んで、こうして腕に乗せてイチャイチャすることができます。
中にはとても大きなフクロウさんを腕に乗せている外国の方もいて、映画の主人公みたいでした。

フクロウさんの目、ずっと見てると吸い込まれそうになりますよ。
ぜひ体感してみてください!

レトロな建物に入って、歴史を肌で感じる!

江戸東京たてもの園

続いては、こちら!!

秋葉原駅からJR中央・総武線とJR中央線快速を乗り継いで約40分の、JR武蔵小金井駅へ。北口からバスに乗り5分ほどで着いたのは、都立小金井公園の中にある「江戸東京たてもの園」です。

「え~、博物館? なんかお堅そうな場所だなぁ」と侮ることなかれ。

江戸東京たてもの園 下町中通り

町があるよ!!!!!!!

園内には歴史ある建物が立ち並んでおり、このように町が出来上がっているのです!
しかも現地での保存が不可能になった建物を移築復元して展示しているものなので、細部まで凝っていて楽しい。

これだけでも日本の歴史に興味がある外国の方にとってはたまらないスポットかもしれませんが、なんと園内には、あのジブリの名作『千と千尋の神隠し』の世界に登場する建物や街並みのモデルになっている場所があるのです!

海外にも多いジブリファンにとって、実際にあの世界に足を踏み入れたような気持ちになれる、最高のスポットなのかもしれません。写真もたくさん撮れるから楽しいですよね。

江戸東京たてもの園 子宝湯

「展示されてる建物って貴重なんだよね、実際に建物に入ったりできるのかな?」と思いましたが、かなり、かなり入れます。

例えばこちらは、子宝湯という銭湯。
せっかくなので男湯に入ってみました。なにがせっかくなのか、わからないですが!

番台を通って、男湯と女湯に分かれ、更衣室で「番台から丸見えだ!」と思ったりして。
湯船の中に入ってその深さを体感したり、壁のペンキ絵をじっくり眺めたり。中にある広告まで、とっても味わい深い……!

江戸東京たてもの園 常盤台写真場
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy