ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「始まりがあれば、終わりもやってくる」――日米14球団で活躍。元メジャー投手・大家友和が見つめてきたプロ野球の現実

野球マニアなら思わず唸る、稀有なキャリアを持つ男・大家友和。

日本のプロ野球在籍5年間でわずか1勝の成績で渡米し、野茂英雄に次ぐ(当時)メジャー通算51勝を記録した。2010年に日本の球界復帰後は、右肩手術を経てナックルボーラー(特殊な球だけで勝負するピッチャー)に転向。メジャー復帰を目指したが、かなわず、2017年6月にユニフォームを脱いだ。

現役24年間で在籍したのはメジャーから日本の独立リーグまで14球団。収入もめまぐるしく変わり、年俸5億3000万円から月給10万円台の生活までを経験した。変化する環境の中で高い志を持ち、挑戦を続けられたのはなぜだったのだろうか。f:id:k_kushida:20171213135243j:plain

【プロフィール】

大家友和(おおか・ともかず)

1976年、京都府生まれ。1994年、京都成章高校からドラフト3位で横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団。98年にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んで渡米。99年に日本人9人目のメジャー昇格を果たす。ボストン・レッドソックスやモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)などメジャー8球団を渡り歩く。通算3度の2桁勝利を含めメジャー通算50勝を達成。09年には通算1000投球回数に到達している。10年に横浜へ復帰し、右肩手術を経てナックルボール主体の投手に転向。日米の独立リーグでプレーしながら再び大リーグを目指し、16年12月には40歳にしてボルティモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。17年3月に戦力外通告を受け、6月現役を引退。18年より横浜の2軍投手コーチに就任する。

プロ野球選手は個人事業主。結果が出せなければ、クビになってしまう

――渡米を考えるようになったのは?

プロとして結果を出せない状況を何とかしたいという思いからでした。当時の僕は1軍にはなかなか呼ばれず、2軍では周囲にうまくなじめなかったのが事実です。理由はちょっとしたことだったかもしれません。例えば、投手の調整方法にレフトとライトのポールの間を走るトレーニングがあり、5往復するメニューを4本でサボろうとする先輩がいました。そのこと自体はどうでもいいのですが、問題は僕たちにもサボりを強要すること。「真面目に練習するのは格好悪い」という雰囲気すら漂っており、そんな中で黙々とトレーニングをする自分は周囲から浮いた存在でした。

トレーニングの効果を知りたくて、指導者に練習メニューの意図を細かく聞いてうるさがられることもありました。当時の私は若く、言動が生意気に映るところもあったかもしれません。でも、プロ野球選手は球団と雇用契約をしている従業員ではなく、個人事業主。結果を出さなければクビになってしまいます。パフォーマンスを上げるために、納得のいく練習をしたかっただけなのですが、理解してもらえませんでした。

――プロ4年目、1997年のシーズンオフにはアメリカの教育リーグに参加されていますね。

「自腹でもいいから行かせてください」と球団にお願いし、ボストン・レッドソックスに受け入れてもらって、フロリダで約40日を過ごしました。教育リーグの参加者は実力的にも未熟な若い選手が大半。メジャーでは最底辺と言えるキャンプだったものの、初めてアメリカのプロ野球の世界に触れることができ、日本にはない選手の育成環境を知って驚かされました。

――どんな点に驚かれたのですか?

選手のパフォーマンスを上げることを最優先にしている点です。例えば、ある投手が打ち込まれた時。日本では特に若い投手が打ち込まれた場合、「教育的指導」の名のもとに続投させることがあります。報道でも「愛のムチ」などと表現して監督を讃えることさえありますが、とんでもない。選手にとってはさらし者にされるだけです。ところが、アメリカでは打ち込まれる前に交代させて傷口を広げないようにするんです。選手が自信を失うようなことをするのは、選手はもちろんチームにとっても百害あって一利なしという考えです。こんな環境で野球をしてみたいと強く思い、渡米の意思を固めました。

自分でコントロールできないことに一喜一憂しない

f:id:k_kushida:20171213135747j:plain

――1998年にレッドソックスとマイナー契約を結んで渡米。メジャー傘下の3Aに次ぐ2Aで初シーズンを迎えました。当時のご心境は?

在籍5年間で1勝とほとんどチームに貢献できなかったにも関わらず、横浜は僕を自由契約選手としてアメリカに送り出してくれました。ありがたかったですね。ただ、僕がメジャーで活躍できると思っていた人は誰もいなかったのではないでしょうか。嫌な言葉も聞こえてきましたが、アメリカで野球ができることへの喜びが先に立ち、不安は感じませんでした。

2Aでは遠征時に10時間以上のバス移動をしたり、過酷なスケジュールでプレイを強いられるのは日常茶飯事。球団から支給されるミールマネーも1日20ドルと少なく、クラブハウスで食事をするのもその中から支払うことになっていました。日本では2軍で隣県に遠征するにも泊りがけでしたし、キャンプ中や試合前の食事は球団持ち。ギャップは感じましたが、こういう話をした時に「苦労されたんですね」と言っていただくと、ちょっと面食らってしまいます。日本から期待されてメジャーにいく主力選手なら、最初からハイレベルの生活環境を代理人が勝ち取ってくれますが、それは例外。アメリカの野球では国籍を問わずマイナーから這い上がっていくのが当たり前で、環境にアジャストできないなら、引退するしかない。自分の意思で海を渡ったのだから、どんな環境であっても、すべてを受け入れるつもりでした。

――開幕から11連勝し、渡米10カ月で日本人として9人目のメジャー昇格を果たしました。以後、2009年までにメジャー8球団で活躍し、最高年棒は5億3000万円。トロント・ブルージェイズ在籍時の2007年にはメジャー通算50勝を達成されました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。