体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

越前がに解禁!刺し身、浜ゆで、せいこ丼…カニを食べ尽くす福井の旅

越前がに解禁!刺し身、浜ゆで、せいこ丼…カニを食べ尽くす福井の旅

実はカニが苦手である。食べるのが面倒だし、苦労したわりには食べるとこが少ない。あの細長いフォークのような道具をちまちま使っていると「あーもう面倒くさい! これ誰カニやる!」と、おやじギャグ混じりで叫びたくなる。

しかし友人は言うのである。「それは本当においしいカニを食べたことがないからだ」と。中でも最高峰といわれる冬のズワイガニを「現地で食べなきゃ話にならん」と。
逃げてばかりもいられない。そろそろ勝負しないとな……と思っていたら不思議なもので、周囲の景色がカニ一色になっていた。新聞を開けば「越前がに解禁」の字が躍り、いつも使っているJR新橋駅も「かにを食べに北陸へ。」とポスターを貼って、ぐいぐい誘ってくる。越前といえば福井県だな。よしっ、いっちょ行ってみるカニ!
:東京駅 カニのラッピング

「かにを食べに北陸へ。」キャンペーンの期間中は、東京駅の一部がカニのラッピングに覆われていたそう

福井は恐竜の町だった

福井駅前 フクイティタン像

駅前にいるフクイティタン。巨大!

JR東京駅を出た北陸新幹線はくたか号は、埼玉、群馬、長野、新潟と県境を連続突破していく。糸魚川を越えるころには、右手に日本海が広がった。旅情が一気に高ぶる。
3時間ほどでJR金沢駅に着き、北陸本線サンダーバード26号に乗り換えた。ちなみに男の子はサンダーバードといえば2号である(意味の分からない人はスルーして下さい)。

1時間弱乗車してついに降り立った福井駅では、恐竜のモニュメントがお出迎え。うわさには聞いていたが実に精巧で、首は動くし声も出る。その前を、福井の人々は平然と歩いているのだ。実にシュールな光景であります。
福井駅 恐竜トリックアート

駅壁面の精巧なトリックアート。これが福井の日常

オス・メスで名前を変えてます

福井駅前 カニ解禁情報

町中の店が「カニ解禁」を祝っている
:福井駅前 越前がに販売

駅通路に並ぶ初物。寸胴に湯を沸かして、ゆでたてを売っている店も

駅前を歩いてみると、あちこちの店先に「カニ解禁」と書いた紙が貼り出されていた。駅の通路でも越前がにが売られていて、これがなんと初物。地元の人が足を止めて、熱心に見ている。福井の人たちにとって、解禁日は大イベントらしい。

ところで、「越前がに」というのは、福井県で水揚げされたオスのズワイガニのこと。同じズワイガニでも山陰地方では「松葉がに」と呼ばれるが、それはともかく、オスだけが越前がにを名乗っている。メスのほうはなぜか「せいこがに」の名で呼ばれるのだ。不思議な話である。
福井駅前 越前がに販売

オスとメスで名が変わる。オスは大きくて値も高い

じゃあ、どっちがおいしいのか? 「それはもちろん越前がにでしょう!」と言ったのは、駅の通路でかにを売っていた店の男性であります。そこでさらに質問。じゃあ福井の人がよく食べるのはどっち? すると男性はふふふと笑い「まあ、せいこだな」というのである。オスより値段が安いし、漁期が12月末までと短いから、希少性もある。ちなみにオスの漁期は3月20日までだ(2017年現在)。
そんなことを聞かされたら、両方食べたくなるじゃないか。まったく困ったものである。

いよいよ勝負!

滝の川 越前がにの刺身

越前がにの刺身。身が簡単に取れて感動する

その夜に予約していたのは「滝の川」という店だった。宿泊する福井駅周辺のホテルからタクシーで夜の街道を走って10分弱。格子戸を開けるとカウンターには数人の男女がいて、全員がカニを頬張っている。
テーブル席に案内してもらい、福井の銘酒「黒龍」で喉を潤していると、まずやって来たのは越前がにの刺身。
滝の川 越前がに刺身

脚と爪の刺身。かにみそ(左)が付いてくる

殻の片面が切り取ってあるから、脚先をつかんで引っ張るだけで、身がきれいに取れてくる。なんだ、簡単に食べられるじゃないか。早く言ってよ、もう。
まずは何もつけずに、そのままぱくり……。
みずみずしく、しかし、ねっとりと歯や舌に絡みついてくる。ほんのり甘くて匂いはやや淫靡。三陸のホヤもそうだが、おいしい海産物には妖しさがつきまとう。かにみそを溶かし込んだ醤油につけたら妖しさが消え、あっという間に大衆的な味になった。
滝の川 越前がに浜ゆで

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。