ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悩みもしんどさも全部忘れられる!? サントリー『ストロング ゼロ』愛飲者から「福祉」「危険ドラッグ」とツイート集まる

strongzero_01

果汁に加えて果実をまるごと入れており、-196℃で瞬間凍結させてお酒に浸透させることで美味しさを引き出しているだけでなく、アルコール度数9%という高さを誇るサントリーのチューハイ『ストロング ゼロ』。2017年12月現在で12種類が発売されており、好みの果実の味を選べるのも人気の理由といえるでしょう。

そんな『ストロングゼロ』を愛飲している人は『Twitter』でも多く見られます。あるユーザーは次のようにツイート。

ストロングゼロしゅごい!

いろいろな不満や不安が『ストロングゼロ』を飲むことでぼやけていく……。そんな感覚は多くの人が持っているようで、「嫌なことを全部ストロングゼロが忘れさせてくれた」といった反応があったほか、「ストロングゼロは福祉」という声まで。一方でそのアルコール度数の高さから酩酊する人も多く、「危険ドラッグ」「平成のヒロポン」といったツイートも見られました。

別のユーザーからは、こんなツイートも。

ある種の人たちにとって、ストロングゼロは抗うつ剤や抗不安薬とほぼ役割が同じなんだよな。

「すぐに酔える」「コンビニで気軽に買える」ということで、ハマってしまう人はとことんハマってしまう人が続出している『ストロングゼロ』。「人生が辛ければ辛いほど美味しく感じる」という人も見られ、大衆酒としてすっかり定着したことがネットからも窺えます。ただ、前述のように酩酊してしまう人も多いので、飲む際はほどほどに!

-196℃チューハイ(サントリー)
http://www.suntory.co.jp/rtd/196/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy