ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VR空間でモノに触ってみたい方必見!リアルな手ざわりを体感できる夢のデバイス「HaptX Glove」が登場

シアトルのスタートアップ、HaptXが仮想現実(VR)の世界をよりリアルに近づける技術を開発中だ。

VRヘッドセットのHTC Viveと同社の開発するグローブを装着して、そこに映し出されるものを触ると、重さや温度、手ざわりなど特性に応じた触覚が得られる。

この「HaptX Glove」、現時点では家庭で使うにはゴツすぎて、まだまだプロトタイプの段階だが、技術が成熟すればエンターテイメントのみならず、製造、医療をはじめとするあらゆる産業にインパクトを与えるだろう。

・雨の一粒一粒まで感じられるリアルさ

HaptX Gloveで採用されている触覚技術では、仮想オブジェクトのサイズや重量、温度や手にぶつかった感触が得られて、あたかもVR空間にある物体を実際に触っているように感じられる。

その仕組みを簡単に説明すると、グローブ上にある100点以上の小さな気泡が、仮想オブジェクトの特徴に応じて膨らみ、動きに合わせて膨らみが移動することでリアルな触覚フィードバックが得られるというもの。

雨の一粒一粒や穀物、クモ、手のひらに乗るキツネなどに触れられ、それぞれの特徴が再現されるようだ。

・トレーニングでの活用にも焦点

触覚の再現というと、ゲームなどエンターテイメント分野での活用がすぐに思いつくだろうが、HaptXが想定するビジネス領域はこれだけにとどまらない。

今後の展開において、同社が焦点を当てている領域のひとつに「トレーニング」がある。

VRを活用したトレーニングは学習速度を上げ、理解度を深めるが、触覚をVR空間に加えることで、物の処理のシミュレーションが可能になる。

例えば軍事産業。HaptX Gloveを導入することで、現在使用されている軍事訓練用シミュレータよりもコストが抑えられるほか、ソフトの入れ替え、持ち運びなどの点でもメリットが大きいと考えられ、広く採用される可能性があるだろう。

・将来的には全身スーツも

手術や航空機を保守、車を設計などあらゆる産業のトレーニングで触覚再現が有用だと考えられ、同社の技術への注目が集まるのは当然だ。

現在同社は、グローブの開発を進め量産化を目指している段階だが、ゆくゆくは全身用の触覚再現デバイスの開発を目指す。

技術の開発が順調に進めば、VR技術の活用範囲がいっきに拡大すると見込まれ、HaptXはゲームチェンジャーになり得るだろう。

参照:HaptX reveals high-tech haptic gloves that let you feel and touch in virtual reality/GeekWire

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。