体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芥川、谷崎、ゲーテ……文学マニアが作ったお店で「文豪たちが愛した食事」を堪能してきた

f:id:Meshi2_IB:20171023123210j:plain

食事と文学は、切っても切れない関係にある。

もし、主人公がマドレーヌを食べなければ、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』は話が進まないし、村上春樹は『ダンス、ダンス、ダンス』の主人公である「僕」にスモーク・サーモンサンドウィッチの作り方を自慢気に語らせた。

作家自身もしかり。

池波正太郎も開高健も文学と同様に食を愛した。

そんな、文学とうまい食事に浸かることのできるお店、それが、BUNDAN COFFEE & BEERだ。

2万冊の蔵書に囲まれて、作家が愛した料理を食す

f:id:Meshi2_IB:20171023123214j:plain

東京・目黒区駒場の駒場公園内にある日本近代文学館の中に、BUNDAN COFFEE & BEERはある。

f:id:Meshi2_IB:20171023123221j:plain

正面玄関から館内に入った左奥がお店の入り口だ。

f:id:Meshi2_IB:20171023123225j:plain f:id:Meshi2_IB:20171023123236j:plain

店内に入ると、そこは、本、本、本!

f:id:Meshi2_IB:20171023123229j:plain

純文学に大衆文学、思想書などなど、日本の文学史を彩ってきた名作たち。

マンガも含めたその数はおよそ2万冊!

f:id:Meshi2_IB:20171023123247j:plain

壁に掛けられたコンテンポラリーなドローイングや飾られたオーナメントたち。

落とし気味の照明に窓から入る柔らかな光。

ひとつひとつの要素が作り出す空気感はさながら「文豪の書斎」。

思わず「珈琲」を飲みながら、わけ知り顔でつらつらと思索にふけってしまいそうになる。お店の奥には「火花」で芥川賞を受賞し一躍文学界のスターになった又吉直樹や歌人の枡野浩一、マンガ家のヤマザキマリ等々、著名な作家のサイン色紙が並ぶ。

文学作品と作家にヒモ付けられたメニューの数々

マニアックな稀少本、日本の文学史を彩る名作までを手にとれることもさることながら、BUNDAN COFFEE & BEER最大の面白さは文学とヒモ付けられたメニューにある。

たとえば、「芥川 AKUTAGAWA」(700円)。

f:id:Meshi2_IB:20171023123258j:plain

このコーヒーは芥川龍之介、菊池寛、与謝野晶子といった文士たちが通った「日本のコーヒー文化発祥の地」、銀座のカフェーパウリスタのコーヒーを再現したもの。

ブラジル産の豆を三軒茶屋の名店、オブスキュラコーヒーロースターが焙煎した逸品だ。

心地よい酸味とコクがありながらもヌケのいい味わい。

おいしい。

とても豊か。

そして、「ケストリッツァーシュバルツ」(900円)

f:id:Meshi2_IB:20171023123301j:plain

こちらは世界的文豪、ゲーテが愛した黒ビール。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。