ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ざわちんもビックリのジャンクフード(ファストフード)メイク Mimi Choi(ミミ・チョイ)さんに“イリュージョン”メイクの秘密を聞いてみた

SNSの普及に伴い、アーティストが自分の作品を発表する機会は飛躍的に増えました。筆者もこれまでに何度か面白いアートを発信しているアーティストに取材をしたことがあります。

人間の目の錯覚って不思議 紙と鉛筆だけで描くトリックアートがまさにイリュージョン
https://getnews.jp/archives/1739796[リンク]

今回取材をしたのは、目の錯覚を利用した錯視とメイクの技術を組み合わせた“イリュージョン”と評される独特のメイクアップを『Instagram』で発信し続けているカナダ人メイクアップアーティストです。“イリュージョン”メイクが多くの海外メディアで紹介され、一躍有名になったのは32才の中国系カナダ人、Mimi Choi(ミミ・チョイ)さん。Mimiさんは「マカオで生まれ、90年代後半に家族でカナダへと移住し、広東語と英語を話すバイリンガル」でもあります。元々幼稚園の先生をしていましたが、「メイクの仕事に対する情熱を捨て切れず、バンクーバーの美容学校『Blanche Macdonald Centre』へ入学し、2014年に同校を卒業」してからは、プロのメイクアップアーティストとして活動しています。

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 – 2017 10月 30 3:45午前 PDT

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 – 2017 11月 2 11:43午後 PDT

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 – 2017 11月 8 10:17午後 PST

そのMimiさんが最近シリーズ化したのが、ジャンクフード(ファストフード)メイク。顔や手にハンバーガー、ピザ、ホットドッグ、フレンチフライのメイクを施しました。

このメイクを思いついたきっかけについて聞いてみると、「私のメイクは見るモノ全てからインスピレーションを得ています。誰かが着ている服のパターンであったり、ビルの角度であったりと様々です。たまたまマクドナルドの前を通った時に、フレンチフライとかをメイクで再現するのも可能じゃないかなと思いついたので、今回のジャンクフードのメイクにつながりました。夫の手でフレンチフライのメイクを試してみたら、イケるということがわかりました」とのこと。

メイクに要する時間は「メイクの複雑さにもよりますが、大体1~5時間程度です。今回のハンバーガーのメイクを仕上げるのには3時間位かかりました」ということです。

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 – 2017 11月 1 1:51午前 PDT

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 – 2017 10月 15 2:13午前 PDT

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき