体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1Kの部屋でもロボット掃除機は役立つ?コンパクトな3機種で試してみた

1K、22平米の部屋でもロボット掃除機は役に立つ?コンパクトな3機種で試してみた

いつの間にかずいぶんと普及してきているロボット掃除機。一人暮らしで1Kや1R住まいならば「どうせ狭いから関係ない」と思っている人も多いかもしれませんね。でも、ひょっとして使いこなせたら便利かも……? 1K、22m2ほどのフローリング住まいの筆者が、3万円以下の機種3種類を厳選。「はじめてのロボット掃除機」を体験してみました。果たして、わが部屋でロボット掃除機は活躍できるのでしょうか?

これ1台で完璧!妥協したくない派に「DEEBOT MINI」

最初に使ってみたのはECOVACS JAPANの「DEEBOT MINI」。「予算は抑えたいけど、性能の良い商品が欲しい!」という人から人気を集めているということで、家電量販店でもおすすめされている機種です。箱から取り出してみて、家電量販店などで主流のずっしりしたイメージのものとは違う、コンパクトさ(幅270×奥行270×高さ82mm、本体約2.2kg)に驚きました。【画像1】充電中のDEEBOT MINI。ここから自力で動き出し、またここに戻ってくる(写真撮影/近藤智子)

【画像1】充電中のDEEBOT MINI。ここから自力で動き出し、またここに戻ってくる(写真撮影/近藤智子)

充電ドックでパワーチャージをして、スタートボタンを押してみます。音を立てながら動く姿に、「これがロボット掃除機か」と感動。感涙にむせぶ間にも、せっせとほこりを吸い込んでいきます。本体の厚みは約8cmで低めのテーブルの下にももぐりこむので、家具を片付けておく必要がありません。床をから拭きするモップシステムもあるため「掃く」「吸い込み」だけではなく、「モップ掛け」も一度にこなせます。

わが家は1Kで、キッチンと居室が段差なしにつながっています。必然的に、居室を掃除し終わると自然とキッチンも掃除をしてくれることに。玄関には2cmほどの段差がありますが、DEEBOT MINIは段差を察知すると、後戻りをしてくれました。【画像2】「あ!危ない!」と思ったけれど戻ってきてくれたDEEBOT MINI。落ちても少しの高さであれば登ることができる(写真撮影/近藤智子)

【画像2】「あ!危ない!」と思ったけれど戻ってきてくれたDEEBOT MINI。落ちても少しの高さであれば登ることができる(写真撮影/近藤智子)

こうして、20分ほどで掃除が終わりました。普段からきれいにしているお部屋であれば、もっと短い時間で済むかもしれません。仕事をしている間に掃除が終わったため、とてもありがたく感じました。掃除機をかけおわったら拭き掃除をしようと思っていたのですが、モップ機能で拭き掃除の必要がなく、得をした気分に。稼働音もさほど気になりません。

DEEBOT MINIにはリモコンが搭載されており、リモコンを使えば掃除の際の進行方向を選択したり、タイマーを設定したりすることが可能です。24時間対応のタイマー機能を使えば、留守中に掃除をしてもらうこともできますし、家にいるときにもいちいち腰を上げて操作する必要がありません。

難点は、わが家には充電ドックを設置するためのコンセントがあまりよい場所にないことと、コンパクトとはいえ、しまっておきたい日にはやはり少し存在感のあるサイズということ。それでも、「ロボット掃除機ってこんなもの?」と思ったときに想像する機能のほとんどを兼ね備えたコンパクトなDEEBOT MINIは、ロボット掃除機デビューにぴったりの1台としておすすめです。価格は約1万7000円。

フローリングをピカピカにしたい! 拭き掃除派に「ブラーバジェット」

ロボット掃除機の元祖は、代名詞ともなっている「ルンバ」。ルンバを世に送り出したiRobotから登場したのが拭き掃除に特化した「床拭きロボットブラーバ ジェット」です。床拭きと一口にいっても、から拭きや水拭きなどさまざまですが、ブラーバ ジェットは専用のパッドを用途に応じて付け替えることで、そのすべてに対応してくれます。パッドには繰り返し洗って使うものと、使い捨てのものの2種類があります。【画像3】面倒な拭き掃除をかわりに行ってくれるブラーバ ジェット(写真撮影/近藤智子)

【画像3】面倒な拭き掃除をかわりに行ってくれるブラーバ ジェット(写真撮影/近藤智子)

まずは、から拭きを試すために「ドライスウィープパッド」を装着。スイッチを入れると、楽しげな起動音が流れ、もう一度スイッチを押すと動き出します。すいすいと丹念に動きます。一見ルールのないような動きですが、じっと見ていると、規則正しく床を拭き残すことなくまんべんなく拭いてくれているのが分かります。こちらもやはり20分ほどで部屋を一通り拭き終えることができました。終わったら、スタート地点に戻り、自動的に電源もオフに。

続いて水拭きに挑戦。「ウェットモップパッド」を装着した本体に、水を注ぎます。そうして動かせば、なんと本体から水を噴射!その上をブラーバが動いて拭き掃除を行います。まさに「ジェット」、見ていて飽きません。障害物を感知して動くので、壁や家具、ラグなどに水を噴きつけてしまうことはありません。また、バーチャルウォールモードを設定すれば、調理中のキッチンやバリアフリーの玄関など、入ってほしくないスペースを設定することが可能です。このほかにも、水分量少なめの拭き掃除に対応する「ダンプスウィープパッド」があります。場合によって3段階を使い分けられるので、便利です。

ブラーバ ジェットのサイズは幅178×奥行170×高さ84mm、本体約1.2kgととてもコンパクトで、ちょっとした隙間であればすいすいと拭いてくれます。段差からは落ちず、拭き掃除なので、カーペットやラグなどには乗り上げません。稼働音はほとんどなく、とてもしずか。充電ドックなどはなく、本体についているバッテリーを取り外して充電を行います。【画像4】スマートフォンのアプリ「iRobot HOME」の画面。Bluetoothで接続し、ブラーバ ジェットを動かすことができる。このアプリで、ブラーバ ジェットに好きな名前をつけることも可能(画像提供/アイロボットジャパン)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。