体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る

dsc_0091

マーベルのヒーローたちを愛する人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が、注目の男性たちとマーベルの魅力を語り合う好評連載。第4回のゲストは、人気バンド「KEYTALK」の寺中友将さんと八木優樹さんのふたり。初のアリーナ公演を果たし、波に乗る彼ら。実は映画鑑賞にハマり始めたところだとか。種村さんがレクチャーするマーベルの映像作品についても、興味津々。楽しいトークが展開しました。

【種村有菜】プロフィール
漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける

【KEYTALK】プロフィール
2009年に小野武正(ギター)、首藤義勝(ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)が結成した4人組バンド。2010年にシングル「KTEP」でCDデビュー。2015年には初の日本武道館単独公演を成功させる。最新シングル「セツナユメミシ」はNHK Eテレのアニメ「境界のRINNE」第3シリーズのオープニングテーマ。

―種村さん、KEYTALKの寺中さん、八木さんは初対面ですね。自己紹介からお願いします。

種村:初めまして。漫画家の種村です。私は少女漫画家ですが、もともとアクション映画が好きで、マーベル好きが高じて、マーベルについて語る連載を持っています。

八木:KEYTALKの八木です。実は種村先生のファンで「神風怪盗ジャンヌ」を妹と一緒に読んでいました。

種村:わぁ、そうだったんですね。ありがとうございます。

寺中:KEYTALKの寺中です。マーベルの映画は『アイアンマン』、『アベンジャーズ』しか見たことがなくて…。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%881

八木:僕はゲームで親しんでいる感じです。今日はぜひ種村さんにマーベル映画の魅力を教えてもらえたらと思います。

種村:逆にうらやましいです。これからマーベルの映画シリーズを見るなんて。見ていくと、きっと人生楽しくなりますよ。

八木:そう言ってもらえて、ワクワクしてきました!

種村:私は、数あるマーベルの映画の中でも『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が最高傑作だと思っているんです。とにかくアクションのレベルが高くて、冒頭5分で引き込まれますから、ぜひ見てみてください。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%882

寺中:面白そう。時系列的には僕が見た『アベンジャーズ』の後の話なのかな?

種村:そうですね。できれば、時系列順にキャプテン・アメリカシリーズの第1作『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』から見るといいかもしれませんが、『―ウィンター・ソルジャー』単体でも充分楽しめますよ。私はこれを見て“キャップ”(キャプテン・アメリカ)にドハマリしちゃいました。

八木:“キャップ”呼びなんですね(笑)。ゲームでキャプテン・アメリカと戦ってみて驚いたんですが、あの丸い盾が武器なんですよね。

種村:そう。本来、防御に使うべきもので戦うという、その矛盾したスタイルがたまりません。キャップは70年間眠っていて、現代に目覚めた人。70年前にあの盾を作ったのは、実はアイアンマンことトニー・スタークのお父さんなんですよね。

寺中:そうだったんですね。『アイアンマン』を見たけれど、それは知らなかった。

種村:だから、キャップとアイアンマンにはそういう因縁があるし、2人が対立してしまう『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、アイアンマンがキャップと戦いながら「父の盾で俺を攻撃するのか」と非難するセリフがあるんです。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

八木:それはせつないですね。僕はメカが好きなので、キャップより、スーツを装着するアイアンマンのほうがハマるかも。

種村:それなら『アイアンマン3』がおすすめです。トニーが作ったパワードスーツがたくさん出てきて、しかもいろんな付け方や活用法が出てくる。スーツを見てアイアンマンだと思ったら、中には誰もいなかったり、トニーがスーツを遠隔操作するけれど片手と片足の分しか飛んで来なくて、そのまま戦ったりと、芸が細かいんです。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%885

八木:それを実写映画で描けているのがすごいですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。