体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【いつかお店をやりたいすべての人へ】「趣味を仕事にすること」の辛さと難しさと。curry草枕・馬屋原さんの場合

f:id:Meshi2_IB:20171028015411j:plain

行列のできるカレーの名店「curry草枕」

「こんなクソな仕事、さっさと辞めたい」

真面目なサラリーマンであればこそ、誰もが一度は口にしたことがあるこの思い。

そして、頭の隅を横切る「好きなことで飯が食えたら」という心の声も。

f:id:Meshi2_IB:20171028015417j:plain

新宿のカレー屋さん、「curry草枕」店主の馬屋原亨史(うまやはら りょうじ)さんは会社員からカレー屋さんに転身した脱サラ飲食店開業組だ。

僕が馬屋原さんに興味を持ったのは、今年9月に馬屋原さんのブログを読んでから。

タイトルは「開店10周年。趣味を仕事にする難しさ」。

f:id:Meshi2_IB:20171028015422j:plain

currykusa.com

開業2年で半数が消えるシビアな飲食業界で10年も生き残り、経営は順調そうだ。

そんな人気店のオーナーなのに、意味深なタイトルのエントリで心情を吐露する馬屋原さんに直接話を聞きたいと思った。

会社を辞めてカレー屋さんを立ち上げた経緯やお店を続けるなかで見えてきたこと、そして、「趣味を仕事にする難しさ」とはどんなことなのだろう?

始まりは大学生時代の「カレー部」

馬屋原さんは、大阪生まれ茨城育ちの38歳。

カレー屋さんの「カ」の字もない田舎町に住んでいた馬屋原少年にとって、カレーとはお母さんが作るお家のカレーであり給食のカレーだったという。

f:id:Meshi2_IB:20171028152928p:plainカレーは好きだったけど普通の男子中高生レベルの「好き」。でも、家族でスキーに行った時はカレーばかり食べていたし、受験の時も弁当は持たずに学食でカレーを食べてました。特にこだわりはなかったですけれどね。

そんな、馬屋原さんのカレー人生が始まったのは大学生時代だ。

進学した北海道大学の学生寮には食堂がなく、寮生たちが当番制で自炊していた。

そこにいたスパイスをそろえてこだわりのカレーを作る友人に触発され、見よう見まねでカレーを作り始めたのだそうだ。

f:id:Meshi2_IB:20171028015430j:plain f:id:Meshi2_IB:20171028152928p:plain寮では半年ごとに部屋替えがあり、各部屋では、例えば「寮内新聞を作る」とか、それぞれ趣旨を決めたんです。そのなかに「カレー部」があった。本気でやりたかったから「毎日必ず1食はカレーを食べる」「市販のルーは使わない」「外食はカレーのみ」とか決めて。

ストイック過ぎる活動内容が裏目に出たのか、馬屋原さんはのちに体を壊したらしい。

日本のカレー史的に見ると、ちょうど札幌でスープカレーブームが始まる直前の時期だった。

満たされない会社員生活に降って湧いた転機

f:id:Meshi2_IB:20171028015441j:plain

カレー三昧の学生生活を終えた馬屋原さんは、就活中に誘いを受けた空調設備関連の企業に就職する。

f:id:Meshi2_IB:20171028152928p:plain資本もあって待遇もよく、女性も長く働けるようなホワイト企業でした。でも、現場監督っていう職種が……。現場監督って100点取ってなんぼ。ミスのないことが前提で、そこからどれだけ利益を出すかなんですよ。それに、誰かに直接ほめられたり喜ばれる職種じゃなかった。
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。