ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリジナルも作れる! 天然木使用のMP3プレーヤー『COWON Mots MusicBox 』

musicbox_photframe

ぱっと見ると、フォトフレームの携帯ストラップのようですが、実はこれ、MP3プレーヤーなんです。こちらは、コウォンジャパンが7月2日より発売する『COWON Motz MusicBoxシリーズ』の『フォトフレームタイプ』。ケースに使用されているのはプラスチックや金属ではなく、工芸品などでも使われる木目の美しいバラ目の天然素材が採用されています。

『COWON Motz』シリーズには、『フォトフレームタイプ』のほか、ペンダントにもなる『どんぐりタイプ』や、DIYで自由なカタチに工作できるユニットのみの『DIYタイプ』の3種類が用意されています。いずれも1.5Wスピーカー付き。音楽をアクセサリーにできるMP3プレーヤーです。

musicbox_photframe3

『フォトフレームタイプ』は、木の本体とアクリルスクリーンの間に、お好みの写真を強力なマグネットで挟み込むことができます。子どもや恋人、思い出の風景など、大切な写真を挟み込んで「音楽が流れる木製アルバム」にすることができます。

musicbox_photframe4

背面には、1.5Wスピーカーと5方向のジョグスイッチが搭載されており、早送り、巻き戻し、ボリューム調整はもちろん、ランダムや1曲リピート再生、再生フォルダー変更、イコライザー(ROCK/POP/CLASSIC/SOFT/JAZZ)の変更もできます。大きさはW50×D50×H12mm。価格は8800円(税込み)です。

dongri_mp3

『どんぐりタイプ』は、その名の通り木製のどんぐりのような形をしています。ペンダントにできるネックストラップと、携帯電話用のリングの2種類のアクセサリーが付属しており、気軽に音楽を身につけることができます。

dongri_mp3-2

どんぐりの底面は、1.5Wのスピーカー。こちらも5方向のジョグスイッチでメニュー操作が可能です(操作内容は『フォトフレームタイプ』と同様)。製品サイズはW30×D30×H40mm。自然のなかを歩くときに、首からぶらさげて音楽を聴いてみたいようなアイテムです。価格は7800円(税込み)。

musicbox_diy01

他の人と同じものじゃつまらない、オリジナリティへの飽くなきこだわりを持つ方には、世界初の“チューニングできるMP3プレーヤー”『DIYタイプ』をどうぞ。パッケージのなかには、むき出しのMP3プレーヤーが入っているだけ。

musicbox_diy02

付属ケースを組み立てて、フィルムケース風のMP3プレーヤーを作ったり、パッケージの外箱をそのまま利用したMP3プレーヤーを作ることもできますが、せっかくですので自分だけのオリジナルデザインのMP3プレーヤーを作ってみるのはいかがでしょうか。

musicbox02

ぬいぐるみ、木製ケース、キーホルダー……。布素材のケースに本体を固定するための付属品もありますので、素材選びの幅はぐっと広がります。「まさかここから音楽が?」と驚くような素材で、MP3プレーヤーを作ることも可能です。好きな音楽を、好きなカタチで聴く。大人から子どもまで、工作好きのハートをくすぐらずにはおかない製品です。価格は6800円(税込み)です。
 
『MusicBox』共通仕様
インターフェース:USB2.0 data transfer
対応OS:Windows 2000/XP/Vista
電源:リチウムポリマー充電バッテリー(約3時間充電)
最大連続再生時間:イヤホン約8時間、スピーカー約3時間
メモリー容量:2GB(内蔵)
フォーマット;MP3、WMA、OGG
周波数範囲:20Hz~20KHz
 
 

■こんなオーディオ関連記事もあります
10時間再生可能! 持ち歩きやすいカプセル型スピーカー
ガムやチョコみたいなヘッドホン『Sundries』
キュービックジルコニア付き! 女性向けインサイドホン『MOONJEWEL』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。