体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外食チェーンの本店を巡礼する男、BUBBLE-Bさんに聞く“本店にしかない魅力”とは

f:id:Meshi2_IB:20170927155319j:plain

実家に帰省して家族で夕飯を食べに外に出た。目当てのお店が閉まっていて、少し悩んだ挙句、近くのファミレスに入る。

「うーん、あのお店閉まってたの残念だったなー」という感じで少しテンション下がり気味で入店したのだが、メニューを広げてみると家族がそれぞれ食べたいものは一通りなんでもあり、さらには酒類のメニューが充実していてどれも安く、私と父は「おっ、安い!」、「いいな」とニンマリ。母や妹はデザートの選択肢の多さがうれしかったらしく、結果的には「ファミレスもいいもんだね」という話になった。

身近にありながら、当たり前過ぎてありがたみがちょっと薄れ、たまに行ってみるとその実力を目の当たりにして「そりゃあ流行るわけだ!」と驚く。それが私と外食チェーン店の付き合い方である。同じような人も結構多いんじゃないだろうか。

当たり前のように私たちの周りに存在する外食チェーン。その価値を根底から問い直す人がいる。ミュージシャンとして活動するBUBBLE-Bさんである。

BUBBLE-Bさんは、2004年頃から外食チェーンの本店、1号店ばかりを巡るという試みをスタートし、全国々浦々にある本店を食べ歩きながらそのレポートをブログにつづり、2013年にはその結果を『全国飲食チェーン 本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~』(大和書房刊)という本にまとめた人物。 全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~

全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~ 作者: BUBBLE-B 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2013/07/28 メディア: 単行本(ソフトカバー)

例えば牛丼の「吉野家」、「マクドナルド」、「はなまるうどん」などなど、日本全国どこでも食べることのできる大手外食チェーンの“本店”がどこにあり、それがどんなお店だか知っているという人はほとんどいないのではないだろうか。私もまったく知らなかった。というか、考えたこともなかった。

BUBBLE-Bさんの著書を読むと、実はチェーン店の本店とは、創業者の熱い思いが感じられる貴重なスポットであることが分かる。自分が普段感じてこなかったチェーン店の“人間くささ”が、本店には漂っているらしいのだ。

今回は、独自の観点で外食チェーンを見つめ直しているBUBBLE-Bさんに会い、本店巡りの面白さやその裏の苦労、そして著書出版以降のことなどについてたっぷりお話を聞いた。

f:id:Meshi2_IB:20170927155324j:plain

BUBBLE-B :音楽家、1号店ジャーナリスト、麻婆ドーファー、ドローングラファー、車好き、旅人。滋賀出身、川崎在住を経て、京都在住。音楽活動とともに、外食チェーン店の1号店を巡ることをライフワークとし、日本唯一の1号店専門ブログ「本店の旅」を更新中。2013年に大和書房より書籍「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」を上梓。Amazon外食本カテゴリ1位にランクインする。また、麻婆豆腐の食べ歩き活動も行い、本店・麻婆豆腐ともにTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル』の「サタデーナイトラボ」のコーナーにゲスト出演し、麻婆豆腐の素晴らしさを啓蒙している。さらには旅好きが高じ、ドローンを用いた絶景映像撮影とそのための音楽制作といった活動も行っている。

本店はパワースポット?

──『全国飲食チェーン 本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~』のまえがきには、そもそも本店巡りのきっかけになったのはラーメン店の「天下一品」だったとありますね。

「京都市左京区にある『天下一品』の総本店に行った時に、スープの味が他店より明らかにとろみがあってまろやかだと感じたんですよ。すごくおいしくて、これは、なぜだろう? と。1号店だから気合を入れて作ってるのかなとか、あと、1号店だけはお店の中でスープを作っているらしいなんていうラーメン通の間でのうわさもあって、どこかにそういう違いがあるのかなと思ったんです。ある時、思い切って『本店のスープは他店とは違うんですか?』ってお店の方に聞いみたところ、『いえ、違いはありません。他の店舗とまったく同じです』とキッパリ否定されて(笑)。ということは食べる側の気持ちや感じ方のせいでおいしくなっているんじゃないか? ひょっとして本店には、ピラミッドパワーのようなスピリチュアルな力があるんじゃないかと思ったんです(笑)。それで他のチェーン店の本店にも行ってみようと思って巡り始めました」

── チェーン店だから基本的にはどの店舗も均一の味を提供しているはずなのに本店は何かが違う! と。実際その後、いろいろな外食チェーンでそのことを検証してみてどうでしたか?

「本店、1号店には創業者の思いの強さが感じられる痕跡がいろいろとあるんです。どんな大きなチェーンでも最初は小さなお店からスタートしていたりして、そこから創業者の熱意で発展していった。つまり、パワースポットなんですよね。思いの強い場所だからおいしく感じるのかもしれない。いきなりスピリチュアルな話になっていますが(笑)」

── ワクワクします! そうやって実際に本店を巡り始めて感じた難しさみたいなものはありましたか?

「まず、本店がどこなのかという情報を探すのが難しい。特に地方にあるチェーンだと、公式サイトが存在しないところが結構多いんですよ。そういう時は、『WebArchive』を見て、WEB上に何年からそのチェーンに関する記述があるかを掘り起こしたりして、とにかく大変なんです。グルメ系の口コミサイトには『ここが1号店だ』とか書いてないですから。企業サイトがあった場合は企業の“沿革”を見ますね。『何年に、1号店をどこどこにオープン』と書いてある場合があります。とにかくひたすら調べていくしかない。まとまっているサイトがあるわけじゃないので大変です」

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。