ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NVIDIA、Tegra 3のアップグレード版”Tegra 3+”を年内にリリース

NVIDIAのゼネラルマネージャーであるMichael Rayfield氏が米国シアトルで今週木曜に開催されたHTCのカンファレンスにおいて同社のモバイル向けSoC「Tegra」のロードマップを紹介、その中で、今年後半にも現行のTegra 3のアップグレード版”Tegra 3+”をリリースする計画を明らかにしたそうです。”Tegra 3+”は仮の名前で正式には別の名前が付くと述べたそうです。Tegra 3+はスマートフォンやタブレットで使用される製品で、現行のTegra 3よりも性能を高めたところに大きな違いがあるとのこと。現行のTegra 3はASUSのTF201やTF300T、AcerのA510、HTCのHTC One Xなどで複数のタブレットやスマートフォンで採用されていますが、まだLTEをサポートした製品はありません。このうちHTC One Xについては、LTEモデルは存在するものの、Tegra 3ではなく、QualcommのS4プロセッサーが使用されています。LTE対応モデルでプロセッサーが変更されているところを見ると、Tegra 3はLTEとの相性が悪いのではないかと予想されます。このことについてRayfield氏は、LTE対応の通信モデムで市場の圧倒的なシェアを持つQualcommから十分な支援が受けられなかったことを口にしたそうです(社名はもちろん言わなかったそうですが)。しかし、Tegra 3+はLTEとの互換性も十分にあるらしく、Rayfiled氏は、今年Q3中にはTegra 3チップを搭載したLTEスマートフォンを目にし始めるようになるだろうと述べたそうです。ロードマップによると、2013年ごろにはTegra 3+の次の世代の”Wayne”と、ICERAの通信チップを内蔵した”Grey”が登場することになっています。Rayfieldはまた、モバイルプロセッサーにおけるグラフィックス性能について、スマートフォンの登場以来年々向上してきていることから、今後数年でコンソールゲーム機の水準にまで達するとの見通し示したそうです。

Source : PC MagTechnoBuffalo



(juggly.cn)記事関連リンク
Facebookの公式Androidアプリがv1.9にアップデート
Google DriveのアイコンがGoogleのアプリレビュー動画で見つかる
Samsung GT-I9800がWi-Fi Allianceの認証を取得

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy