ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脚本家・倉本聰氏が富良野に残したもう一つの足跡。「くまげら」の門外不出の裏メニューとは?

f:id:uralatokyo:20170804094424j:plain

北海道でも有数の人気を誇る観光地「富良野」。酪農中心の町だった富良野に注目が集まったのは1981年(昭和56年)に全国放送になったドラマ『北の国から』がきっかけだったと言ってもいいでしょう。五郎と純と蛍、そしてその周辺の人間たちが繰り広げる悲しくも熱く、強い生き様は一大ブームを呼び、2002年(平成14年)の『2002遺言』までスペシャルドラマが作られ、一時は「国民的ドラマ」と呼ばれたほどでした。かくいう私も恥ずかしながらさんざん泣かされました。

とまあ、ドラマの話は良いとして、今回はそのドラマの聖地を……ではなく、ドラマの脚本家である倉本聰氏が作った、富良野でしか食べられない変わり種メニューのご紹介です。

f:id:uralatokyo:20170804094336j:plain

お店は富良野駅からほど近い、富良野市中心部にある「くまげら」。『北の国から』最初の連続ドラマのロケ中にオープンした、今や老舗の部類に入る居酒屋さんです。このお店はドラマにも何度か実名で登場しており、『北の国から』ファンにとっては聖地のひとつでもあります。

f:id:uralatokyo:20170804094412j:plain

お店には「五郎の石の家」ならぬ、「石の個室」があります。これは、1992年(平成4年)の居酒屋さん改装の折、当時常連だった倉本氏がアイディアを出し、「富良野塾」の塾生が富良野の大地から掘り起こされた石を積み上げて造ったもの。なんとも重厚で趣のある、拾ってきた石で造ったとは思えないほどの渋いたたずまいです。

f:id:uralatokyo:20170804094415j:plain

部屋の外の壁には、倉本氏とその塾生たちがこの部屋を作ったのだという記念プレートも飾られていました。

さて、そんな倉本氏ごひいきの「くまげら」で食べられる倉本氏考案の裏メニューとは。

f:id:uralatokyo:20170804094417j:plain

まずはこちら「とんかつ茶漬け」900円。

カツオと昆布で丁寧に取った出汁スープをご飯にのせたトンカツの上からたっぷりとかけ回した一品。豚肉は上富良野ポークのロース、注文を受けてから揚げるのでとてもフレッシュな味わいが楽しめます。

f:id:uralatokyo:20170804094420j:plain

出汁の味はうま味が濃く、ほんのわずかな醤油の香りがさらに食欲をそそります。上富良野ポークのトンカツは倉本氏の大好物で、以前からよく食べていたといいます。ある日、突然アイデアを出して店主が即興で作ったところ、お酒の〆によく食べるようになったのだとか。倉本氏がこのお店に連れてきたお客さんには、たいてい食べることをすすめる倉本氏イチオシのメニューです。

f:id:uralatokyo:20170804094422j:plain

もう一つの裏メニューは「牛乳納豆茶漬け」800円です。牛乳と納豆と茶漬け? そんな取り合わせアリなんだろうか……そう思うのが普通ですが、実際にあるのだから仕方ありません。思い切っていただいてみました。

f:id:uralatokyo:20170804094424j:plain

「っん? あれ?」意外とイケます。納豆のにおいを牛乳が消し、口の中では納豆のうま味と牛乳のコクが一つになって。先入観を消すことができればリゾットのようでもあります。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。