ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島県のアンテナショップは全方位的にうまいモノだらけだった【日本橋ふくしま館 MIDETTE】

f:id:Meshi2_Writer:20170914131151j:plain

東京ならではの楽しみというと、何を思いますか?

そりゃたくさんあるでしょうが、私の場合は「県のアンテナショップ巡りができる」というのが思い浮かびます。

都内各所にあれど、新橋から銀座、そして有楽町から日本橋にかけては5分~10分も歩けばどこかのアンテナショップがあるという活況ぶり。

入ってみれば必ず何かしら「これは……一体?」と思うような、その地ならではの見慣れぬ食べ物、飲み物に出くわします。それらを試してみるのが、なんとも楽しい。アンテナショップ巡りは一種の小旅行、食好奇心の強いメシ通読者の皆さんならきっと楽しめると思いますよ!

本日は「東京にある福島」の旅におつきあいください。

日本橋ふくしま館 MIDETTE

f:id:Meshi2_Writer:20170921184402j:plain

東京メトロ「三越前」駅から徒歩3分、福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」に到着です。

こちらが正面入り口。

f:id:Meshi2_Writer:20170912192533j:plain

館長の根本卓也さん(45)が出迎えてくれました。根本さんは福島県いわき市のご出身だそう。

根本館長:ミデッテ、とは福島の言葉で「見ていって」という意味です。日本橋に来たらぜひぜひ見ていってくださいね。

さあ、さっそく中へ……と、その前に。

ちょっと福島に関して プレ知識を。

f:id:Meshi2_Writer:20170912192621j:plain

福島は、上記の地図で色分けされている3つのパートでそれぞれカルチャーが異なります。右の青いところが「浜通り」と呼ばれる海沿い文化のエリア

真ん中のピンクに塗られたところが「中通り」と呼ばれる中部地域

そして左側の緑のところが「会津」と呼ばれる山間部を含む地域です。海と山、そしてその中間部。食べものも必然的に変わってきます!

ちなみに福島県って、茨城、栃木、群馬、新潟、山形、宮城の6県に隣しているってご存じでした?

さあ前置きはこのぐらいにして、中に入りましょうか。

「浜通り」は練り物天国

f:id:Meshi2_Writer:20170921185029j:plain

正面玄関を入るとこんな感じで、奥に続いています。都心のアンテナショップとしてはかなり広めの部類です。

f:id:Meshi2_Writer:20170912192713j:plain

「浜通り」のプロダクツからご紹介しますよ。すぐ隣が海、魚介が名物なのは言うまでもありません。

この地域の人々に愛されてきた魚といえば、サンマやキンメ、メヒカリといった魚が代表的なもの。

f:id:Meshi2_Writer:20170912192855j:plain

それらの加工品がいっぱいです。全国の練りもの好きよ、ご注目!

f:id:Meshi2_Writer:20170912192909j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。