ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「冷やし美容はじめました。」夏のだれたお肌に冷たい喝!

これからの季節、気になるのが化粧くずれや毛穴の開き。朝せっかくメイクしても、職場に到着した時点ですでに落ちかけたベース、しかも何か肌もだれてる? こんな経験ありますよね。

その原因は、肌の「熱ごもり状態」。資生堂「べネフィーク」公式サイトによると、気温が高くなり熱をもった肌は、汗や皮脂を過剰に分泌し、毛穴を開かせたり、化粧くずれを起こしてしまうのだとか。また、汗が乾かないことでさらに肌に熱がこもり、また皮脂が分泌されるという悪循環も……。

そんな、春夏のダメ肌に有効なのが冷やすこと。べネフィークは「冷やしパクト」「冷やし顔湿布」「冷やしエステ」という3つのアイテム・テクニックから、「冷やし美容」を提案しています。

まず、ファンデーションを“水あり使用”する「冷やしパクト」。あなたの今使っているパウダーファンデーション、パッケージや説明書に「水あり水なし両方使用出来ます」と書いてありませんか? 

普段何も気にせず、乾いた状態のスポンジでそのままファンデーションをつけていると思いますが、それが水なし使用。水あり使用では、スポンジを一度水で濡らし、軽くしぼってから使用します。水の冷たさでひんやり。うだる暑さの朝、シャキっとした気分でメイクが出来そうです。

紫外線を浴びた日に行いたいのが「冷やし顔湿布」。乳液をひたしたコットンを顔にパックし、冷やしたタオル(水でぬらし冷蔵庫で冷やした物)をのせるというもの。ほてったお肌をクールダウンするだけでなく、毛穴をキュっと引き締める効果も。

スペシャルケアにはべネフィークのお店で体験出来る「冷やしエステ」。冷感-15℃のプレミアムエステで、顔の印象をキリっとさせましょう。スポーツや1日外で仕事をした後などに、取り入れてみて。

ちなみに、「夏は化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておく」という人がよくいますが、室温で保存されることを考えて作られた化粧水やシートマスクを冷蔵庫に入れてしまうと、商品によっては成分が変わるなどのトラブルにもつながるので、止めたほうがベター。冷やしタオルや冷水パッティングでお肌を冷やしてあげましょう。

ベネフィークの冷やし美容

※画像はベネフィーク公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy