体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人のお宅拝見[5] 藤原和博校長「家は生活の舞台」、著書『建てどき』から築17年の自邸を振り返る

あの人のお宅拝見[5] 藤原和博校長「家は生活の舞台」、著書『建てどき』から築17年の自邸を振り返る

東京都の公立中学初の民間校長として、杉並区立和田中学校校長を務めた藤原和博さん(2003−08年)。著書『建てどき』(2001年 情報センター出版局※1)で、自宅を新築する過程には子どもたちにとって学びの機会が沢山あることを気付かせてくれた。その家も17年を経て、家族のライフスタイルが変わり、どうなっているのか?

現在は奈良市立一条高校校長として奈良市在住。夏休みで東京の自宅に帰省中の藤原先生を訪ね、住宅にも一家言もつ教育改革実践家の”藤原節”を聞いてきました。連載【あの人のお宅拝見】

住宅業界に関わり四半世紀以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

藤原流のデザイン・コード、純和風ではない”ネオ・ジャパネスク”

実は藤原和博さんと筆者は、元リクルート社の先輩後輩。筆者が編集長であった住宅雑誌「月刊HOUSING」の創刊に携わっていた大先輩。なので、住宅に精通した学校経営者なのである。︎ 何事にも独自の流儀をもった言動は周りの人を魅了し、著書『建てどき』を読んで真似をしたという人が筆者周辺にもいる。

その本の題材となったご自宅が、こちら。【画像1】は新築当時の外観写真。【画像1】”ネオ・ジャパネスク”を武田光史建築デザイン事務所と在来工法で実現(写真撮影/野寺治孝)

【画像1】”ネオ・ジャパネスク”を武田光史建築デザイン事務所と在来工法で実現(写真撮影/野寺治孝)

藤原さんはなぜか時計やバッグもプロデュースしているのだが、一貫して純和風ではない日本的デザイン”ネオ・ジャパネスク”が藤原流のデザイン・コード。そして17年後の現在は【画像2】、このような趣になっている。撮影時、夏冬の違いがあるものの、緑豊かになった外構によって重厚感が増していた。【画像2】生垣が豊かで道路から見える緑視率の高い家は、街自体の価値を高める(写真撮影/片山貴博)

【画像2】生垣が豊かで道路から見える緑視率の高い家は、街自体の価値を高める(写真撮影/片山貴博)

この17年間で最も大きな変化? 家族の一員として増えた”愛犬ハッピー(12歳)”と、玄関で出迎えてくれた藤原さん。【画像3】ハッピーは長野県南佐久郡川上村原産の川上犬。ペットもネオ・ジャパネスク…と思いきや、純和犬(写真撮影/片山貴博)

【画像3】ハッピーは長野県南佐久郡川上村原産の川上犬。ペットもネオ・ジャパネスク…と思いきや、純和犬(写真撮影/片山貴博)

藤原邸の玄関アプローチは、門扉から玄関ドアまでが長く深い庇(ひさし)で覆われている。雨風をしのぐ合理性と、訪問者を奥へ奥へと導くドラマ性を兼ね備えたつくり。【画像4】左写真は新築当時(写真撮影/野寺治孝)砂利があしらわれ風情あるアプローチ。右は17年後。格子に木を組みペアガラスを挟んだ特注のドアは、歪みもなく経年で美しい木の色に変化(写真撮影/片山貴博)

【画像4】左写真は新築当時(写真撮影/野寺治孝)砂利があしらわれ風情あるアプローチ。右は17年後。格子に木を組みペアガラスを挟んだ特注のドアは、歪みもなく経年で美しい木の色に変化(写真撮影/片山貴博)

コンセプトは『美術館に住む』、好きなものに囲まれて暮らす豊かさ

玄関を入って、部屋に向う廊下には印象的な絵が続き、その先へと誘われる。

「絵が沢山ある家じゃなくて”美術館に住む”って考え方、イイだろ?」

確かに、日常がクラスアップするイメージ。至る所に飾られた絵には、立派な額装とライティングが施されていた。

どうも話を伺っていると、狩野派の血を引く藤原さんの物欲は”絵”にあるようで「実はこの家も、この絵を飾りたいが為に建てたようなものなんだよ(笑)」と、紹介してくれたのはスペイン最後の宮廷画家で”20世紀最後の印象派”とも言われるホアキン・トレンツ・リャドの絵。33歳の時、一目ぼれしてどうしても欲しくなり、友人に大! 大! 借金をして購入したが、飾る場所が無くて温存していた絵だそう。【画像5】ホアキン・トレンツ・リャドの「カネットの夜明け」、この絵のために建てた家と言うだけあって玄関廊下から居間に入った特等席で光輝く(写真撮影/片山貴博)

【画像5】ホアキン・トレンツ・リャドの「カネットの夜明け」、この絵のために建てた家と言うだけあって玄関廊下から居間に入った特等席で光輝く(写真撮影/片山貴博)

「このリャドの弟子で、スペイン在住の神津善之介(中村メイコの息子さん)の絵も好きなんだ。マンション用に水墨画の掛け軸風で描いてもらった絵もあるんだけど、この場所にピッタリだったのがコレ!」と、2階への階段踊り場を案内してくれた。【画像6】水上生活者のボートハウスを描いた神津善之介の作品。左右のスリット窓から朝陽が当たると、色が変化して情景が浮かび上がると言う(写真撮影/片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。