体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そうきたか!寒い北海道を優しく温めるポトフのお店「ムラタ・ポトフー」に潜入【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170904065727j:plain

とにかく寒いんです。

夏が終わり、あっという間に過ぎる秋。

北海道に長い長い冬がやってきます。

そんな中、道産子に朗報です!

北海道に何度か訪れている観光の方にも朗報です!

小樽市銭函で見つけちゃいました。

路地の一軒家に控えめな看板。

なんとここは、

全国的にも珍しい、ポトフに特化したお店!

その発想はなかったです。

道産食材で作るポトフ、たまりません。

今回は銭函にある「ムラタ・ポトフー」をご紹介します!

住宅街にある隠れ家を発見!

f:id:mesitsu_lc:20170904070351j:plain

路地へ、もっと細い、路地へ。

大きな通りに目もくれず。

探検していると見つかるんですよ、名店が。

北海道を拠点に食べ歩きをしております、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は、小樽・銭函エリアにやってきました。

早速ですが、ご覧ください、この外観。

周りは住宅街、完全に隠れ家です。

f:id:mesitsu_lc:20170904070403j:plain

見つけたのはこのお店!

ムラタ・ポトフー です。

店名に料理名が組み込まれているということは、

専門店ということでしょう!

それにしても

ポトフで勝負するなんて。

そうきたか! という感じですよね。

f:id:mesitsu_lc:20170903085458j:plain

広い店内ですが、席はゆったり。

かなりぜいたくなつくりです。

オシャレな雰囲気で、高級感があります。

お店の中央には半円型のカウンター。

ちょっと!

すでにいい!!

名店に出会った予感がプンプンします。

なぜ「ポトフ」なんですか?

f:id:mesitsu_lc:20170904063416j:plain

店主の村田さんです。

明るくにこやかにいろいろと教えてくださいました。

お店の一点突破なメニュー、さらに隠れ家的な雰囲気ですから、

写真撮影や取材はNGかと思い、ドキドキして飛び込んだのですが……。

「ポトフの大変さを知ってもらいたい」と快諾。

ありがとうございます!

f:id:mesitsu_lc:20170904063459j:plain

ホテルで経験を積んだ村田さん、

お店を開店されて、間もなく4周年を迎えます。

銭函からほど近い札幌市手稲区が実家。

「お店の周辺は冬、誰もいないのを知っていたから」

すごい理由で、この場所を選んだんですね。

フランスの家庭料理、ポトフに特化してオープン!

全国にそういうお店はたくさんあるかと思いきや、

意外とないんだなと、最近になって気づいたそうです。

いや、村田さん。

ホント、聞かないですよ、ポトフの専門店!

早速いただきましょう!

f:id:mesitsu_lc:20170903085652j:plain

▲北海道産豚スネ肉のプティサレと野菜の特製ポトフー 1,280円

すごい!

私の家で出てくるやつと違う。

こういうと、妻に失礼ですが……(笑)

本当に違うんですもの!

ポトフってこんなに美しいものでした?

皆さんのお家のポトフ、どんな感じですか?

ウチは野菜を煮て、市販のコンソメをポンと入れる感じです。

f:id:mesitsu_lc:20170904065727j:plain

北海道産の豚スネ肉です。

ホロホロほどけるような食感。

驚くほどに柔らかい!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。