体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きな夢を打ち上げよう!新感覚“ロケットチキン”専門の定食店が東京進出

f:id:uralatokyo:20170718014621j:plain

2017年5月、東京・下北沢駅北口から徒歩約2分の場所に「ROCKET CHICKEN(ロケットチキン)下北沢店」がオープンしました!

“唐揚げでも、フライドチキンでもない、湘南うまれのロケットチキン”とキャッチコピーがついた、新感覚のチキンをお腹いっぱい食べられる定食店です。

f:id:uralatokyo:20170719003630j:plain

まず目を引くのは、そのチキンが串に高く積み重ねられ、ロケットみたいに直立したビジュアルです。

f:id:uralatokyo:20170719003845j:plain

▲高さは9ピースだとだいたい40cm、最高の12ピースは60cmぐらいに

2Pから選べるロケットチキン定食

f:id:uralatokyo:20170719005125j:plain

こちらのお店のメニューは、ロケットチキンの「2P定食」790円、「3P定食」890円、「4P定食」990円、「6P定食」1,190円。

すべてに、ごはん、サラダ、味噌汁がつき、ごはんの大盛りは無料、小盛りは30円引きです。1P100円でチキンの追加もできます。

気になるロケット型の盛りつけは、6ピース以上の注文から可能です。

1人で「6P定食」を注文するか、2人で「3P定食」を2つ、または3人で「2P 定食」を3つ注文していっしょ盛りにしてもらえば、1ピース、2ピースと積み上げ、6ピースのロケット型にしてもらえます。

f:id:uralatokyo:20170719005213j:plain

ロケットチキン単品を注文して、お酒といっしょに味わうのもおすすめです。

単品は「3P」745円からで、お酒は「ハートランド生ビール」529円、さっぱりドライな味わいでリピーター続出の「自家製レモンサワー」421円などがあります。

f:id:uralatokyo:20170719005339j:plain▲鶏肉、野菜、米は国産のものを使用。日本の第一次産業をささやかながら応援。このロケット型は9ピース

一般的な鶏の唐揚げは、1個あたりの重さが平均30gくらいだそうですが、ロケットチキンは1ピース約50g

けっこうボリュームがあるので、そんなに何ピースも食べられるかなと思う人もいるかもしれません。けれど、新感覚のチキンなので、思った以上に食べられるんです!

その秘密をちょっと教えてもらいました

f:id:uralatokyo:20170719004944j:plain

まず、お肉は10種類以上のスパイスや調味料を使ったオリジナルの漬けだれに一日じっくり漬け込んでいます。

次に、独自に配合した数種類の粉を注文ごとにまぶし、粉がお肉からなるべく離れないように、油にそっと入れて揚げています。

f:id:uralatokyo:20170719010113j:plain

揚げたてを一口かじると、太陽フレアの炎のような形になった衣がカリカリさっくさく。驚くほど軽くて、ほんのり香ばしさも感じます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。