体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

唐揚げに最強に合うソースを戸越銀座で発見!「鶏&デリ」でハワイアンな唐揚げ体験

f:id:Meshi2_Writer:20170620192734j:plain

唐揚げにレモンをかけますか? それともマヨネーズをつけますか?

世の中でこの話題が何年も繰り返されている一方、唐揚げにかける新ソース誕生の話題はあまり聞くことがありません。今回ご紹介する「鶏&デリ」は世界視点でソースを見直し、日本初(?)のソースを提供しています。

答えは「ハワイアンサルサソース」。……食べてみないとわからない、想像がつかない……! 行って食べてきました!

戸越銀座は観光もできる商店街

f:id:Meshi2_Writer:20170620192801j:plain

全長約1.3kmの戸越銀座商店街は80店舗を超える飲食店が軒を連ね、平日休日問わず買い物客で賑わっています。商店街というと地元向けのお店が並び、遠方から足を運ぶものではないイメージがありますね。ところがここ戸越銀座商店街は、ぶらぶら商店街を観光しに、遠方から来るお客さんも多いのだそう。

f:id:Meshi2_Writer:20170620192821j:plain

戸越銀座駅から歩くこと約5分、商店街の一画にお店を構える「鶏&デリ」が今回の目的地です。

店頭に部族のやりとか、大量のレイが飾られていると思いきや、店構えにハワイ感はありません。

f:id:Meshi2_Writer:20170620192926j:plain

店内にはちょっとしたイートインスペースが用意されています。食事に唐揚げ弁当を食べるもよし、唐揚げをつまみに酒を飲んでもよし、はたまた家に持ち帰ってもよし。

戸越銀座にはこういった「食べ歩きのお店」が多く、それを求めて遠方からもお客さんがやってくるわけです。

唐揚げがうまくて、そもそもソース不要説

f:id:Meshi2_Writer:20170620193009j:plain

「鶏&デリ」は唐揚げを主軸にした鶏料理のお店。もも、むね以外にもさまざまな部位を食べることができます。唐揚げの下味には塩辛さを抑え、ほんのり甘みが特徴のアロハ醤油をベースに、衣は北海道産馬鈴薯を使ってグルテンフリーに仕上げています。

f:id:Meshi2_Writer:20170620193037j:plain

商店街の小さなお店でしょ? 部族のやりもレイもないし。と侮ることなかれ。

「鶏&デリ」の唐揚げは、日本唐揚協会主催「第6回唐揚げグランプリ」の東日本味バラエティ部門で金賞を受賞、加えてベルギーの製品評価をおこなう民間団体、モンドセレクションのブロンズメダルを授与されています。味はマジで本物なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20170620193123j:plain

早速ガッツリとにんにくのきいたスタミナもも(100g 300円)と居酒屋さんではあまり見かけない100%かぼすハイ(450円)を注文してみました。行き来する人々を、イートインスペースで眺めながらの酒と唐揚げ……なんだろう、食べる前から心がおいしい!

f:id:Meshi2_Writer:20170620193215j:plain

ガツンとにんにく、もものうま味を味わってから、ほろにがのかぼすハイを流し込む……。この時期は暑くも寒くもなく、半外スペースでの飲食は最高に気持ちいいですね。突然隕石が落ちてきても、こんなにいい思いしたんだったらしょうがないと納得できるレベルです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。