【分解動画】ファミコン100台分解した男がミニスーファミと1990年発売のスーファミを分解比較

access_time create folderゲーム デジタル・IT
img_5787

「スターフォックス2」など21タイトルをプレイできる「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が10月5日発売された。開封してみるとなんとも可愛い形状だったのだが、前回のミニファミコンに引き続き、ガジェット通信編集部は、今回のミニスーファミに関しても分解を試みてみた。分解を担当するのは前回のミニファミコンの時にも分解を担当してくれたオフガオさん。彼は趣味で100台以上のファミコンをコレクションし(ロットごとに集めていたとのこと)、すべてを分解してみたというファミコン分解のプロ。スーファミの分解ももちろんやったことがあり、手慣れた手つきで分解を進めてくれた。


【分解動画】ミニスーファミと1990年発売のスーファミを分解比較 https://www.youtube.com/watch?v=4tPHSirx2aU

動画ではミニスーファミだけではなく、1990年に発売されたスーパーファミコンや、ミニファミコンも同時に分解して内容を見比べてみているので参考にして欲しい。

驚いたことに、ミニスーファミを分解してみてまず気づくのは、中身がミニファミコンと非常に似ているということだ。

img_5681

1990年に発売された昔のスーパーファミコンも同時に分解してみたのだが、まずはその大きさの違いと、ミニスーファミの中に21本ものソフトが入っていることを考えると、27年という時代の流れを感じずにはいられなかった。詳しくは動画をチェック!

(ガジェット通信)

img_5749
access_time create folderゲーム デジタル・IT
local_offer
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧