ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢を追いかけるアーティストを応援するシェアハウス

絵本の国のシェアハウス
関東6カ所・関西1カ所でシェアハウスプロデュースを行う「絆人」が運営する「絆家シェアハウス」。その一つ、「絵本の国のシェアハウス-CANVAS-」にて、学生やアーティストを応援する「夢・応援プロジェクト」が10月より発動。

絵本の国のシェアハウス

東西線葛飾駅に位置する「絵本の国のシェアハウス-CANVAS-」は、外観から内装までを一つのキャンバスと捉え、ハウスそのものが絵本の物語となっているシェアハウスだ。

絵本の国のシェアハウス
物語はウサギの「ラビィ」の仲間探しの冒険。物語は入口から始まり、森、海、空の世界を旅するストーリが壁一面に描かれている。

絵本の国のシェアハウス
1、2階は森の空間、3階は海の空間、4階は空の空間。カラフルで広いリビングは、学生やアーティストが個展やイベントを開催できる場所となっている。入居者はレンタルスペースとして使用可能で使用料は不要。学生やアーティストが自分を自由に表現できる場所として使えるのはうれしい限り!

絵本の国のシェアハウス
自分だけの個性的な部屋を持ちたい場合は、コンセプトとイメージ案を提出すれば自由にDIYができる。運営側の心を掴めば、公式HPで取り上げられるかも!管理人もプロの絵本作家なので、共に個性を認め合いアーティストとしてのセンスを磨くには最高の環境だ。

絵本の国のシェアハウス

「自分の夢を叶える環境を求めている」「アーティストや作家などのクリエイティブな仕事や学びに関心がある」「暮らしながら様々なことにチャレンジをしたい」「家作りやDIYに興味がある」…など、これらに当たる人は何よりもオススメのシェアハウス。外観を見に行くだけでも楽しいかも!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy