ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【奥さま必見】「オープンカーが欲しい」と言い出した旦那に別の車を買わせる方法教えます

▲「なんでわざわざ屋根のない不便な車に買い替えなくちゃならないの?」とご立腹なご婦人方も多いはず。ワケのわからないことを言い出した旦那を平和裏に撃退する方法、考えてみましょう

▲「なんでわざわざ屋根のない不便な車に買い替えなくちゃならないの?」とご立腹なご婦人方も多いはず。ワケのわからないことを言い出した旦那を平和裏に撃退する方法、考えてみましょう

「2人乗りのオープンカー」なんてとんでもない!

「女性の味方」を自認する自動車ライターの伊達と申します。共働きとなる妻のため、レシピ本片手に常備菜を作りつつ、彼女の通勤服にアイロンをかけています。女性の味方、主婦の友です。

そんな立場で自動車界隈を見ていますと、しばしば窮地に陥っている女性の姿に気がつきます。例えばそれは「車好きの旦那がいきなり『オープンカーが欲しい』とか言い出して困っている」というものです。

車というのは機械ですから、使ってるうちにどうしても古くなりますし、また「飽きがくる」というのも正直ありますので、車検などのタイミングで旦那が買い替えを提案してくるというのは、まぁよくある話です。

でもよりによってオープンカーはねえだろう、と。しかも旦那は「シブい幌のオープンカーで、できれば2人乗りのやつがいいなぁ……」とかなんとか、車雑誌を見ながらうっとりしています。

とんでもない問題発言です。

▲こんな感じのオープンカーが欲しいのだそうです。男のロマンなんだそうです。……困った話です

▲こんな感じのオープンカーが欲しいのだそうです。男のロマンなんだそうです。……困った話です

旦那は知らないかもしれませんが、貴女は過去、交際していた御曹司のオープンカーに乗ったこともあるでしょうから、おそらくはご存じなはず。オープンカーというのは街でかなり目立つので乗ってて恥ずかしいし、走ると風が車内に入ってきて髪がボサボサになってしまうということを。あとは2人乗りで不便、荷物もあまり載せられない……等々の問題点もあります。

そんなシロモノを導入されてしまっては、貴女の優雅で素敵な毎日がズタボロになってしまうのは必至。ここはなんとしてでも食い止めなければいけません。

ではどうすればいいのか? 次章以降、ともに考えてまいりたいと思います。

旦那の本気度を確かめ、本気っぽい場合は「スライド作戦」で

まずは旦那の「本気度」をチェックしましょう。本気で欲しいと思っているのか、それともノリと思いつきで言ってるだけなのか。

とりあえずは穏やかに、しかし毅然と反対の意を表明してください。理由は何でも構いません。前述の「目立ちすぎて恥ずかしい」とか「風の巻き込みがツラそう」とか、あるいは荷物置き場の問題とか雨漏りが心配とか、何でもいいです。

そこで旦那がちょっとでも怯むようでしたら、おそらくはノリと思いつきで言ってるだけなので、そのまま反対で押し切っちゃってもOKです。するとそのうち、まぁ1週間か2週間もすれば、この話はそのまま立ち消えになるでしょう。

問題は、旦那があなたの意見に強硬な反論を試みてきた場合です。例えば「最近のオープンカーは昔のと違って風の巻き込みも少ないし、雨漏りもほとんどしない」「荷物も、工夫すればそれなりに積める」などと言ってきたらどうするか?

この場合は、残念ながら旦那は本気です。

▲「……いつの時代の話してんの? 最近のオープンカーは風の巻き込みは少ないんだよ?」などと、据わった目で反論してきたら要注意です

▲「……いつの時代の話してんの? 最近のオープンカーは風の巻き込みは少ないんだよ?」などと、据わった目で反論してきたら要注意です

本気の旦那に対しても、貴女が徹底抗戦すればおそらくは勝利できるでしょう。しかしそれは正直、得策ではありません。

なぜならば、本気でオープンカーを欲しがる旦那というのは、「車」という存在を非常に大切なモノとしてとらえているからです。彼にとってのそれは、貴女にとっての洒落た生活雑貨やワンピース、バッグ、あるいは基礎化粧品と同じ。とっても「大切なモノ」なんです。

それに対してもしも強硬に反対したうえで購入をあきらめさせたら、短期的な勝利は得られるかもしれませんが、将来に大きな禍根を残します。円満でシアワセな家庭生活を長く継続させたいならば、これはかなりの悪手となるでしょう。

ではどうすれば良いのかと言うと、この場合は「スライド作戦」しかありません。

オープンカーから「クーペ・カブリオレ」へのスライド

現状、旦那は「クラシカルな幌の屋根を持つ、2人乗りのシブいオープンカーが欲しい」と思っています。そのなかの「オープンカー」という部分だけは、残念ですが尊重というか妥協します。ですがその他の部分は「貴女にとって都合が良い方向」へとスライドさせるのです。

具体的なスライド先は「クーペ・カブリオレ」しかありません。

クーペ・カブリオレというのは、屋根を閉めている限りはごく普通のクーペなんですが、鉄製の屋根をボタン一発でガーッと動かすことにより、あっという間にカブリオレ(オープンカー)状態に変身する車のことです。2人乗りのクーペ・カブリオレもありますが、多くは4人乗りで、荷物も割と普通ぐらいには載せられます。

▲例えばこれはフォルクスワーゲン イオスという車ですが、こうしている限りはごく普通の4シーター クーペです

▲例えばこれはフォルクスワーゲン イオスという車ですが、こうしている限りはごく普通の4シーター クーペです

▲しかし運転席にあるボタンをポチッとすると屋根とトランクがガチャガチャ動きはじめ……

▲しかし運転席にあるボタンをポチッとすると屋根とトランクがガチャガチャ動きはじめ……

▲この車の場合は25秒でオープンカーに早変わりします。これが「クーペ・カブリオレ」です

▲この車の場合は25秒でオープンカーに早変わりします。これが「クーペ・カブリオレ」です

で、この方向へと旦那の気持ちをスライドさせるのは、実は簡単です。「理解と共感」を示してやれば相手はすぐに落ちます。ちょろいもんです。

いきなり共感を示し、相手の動揺を誘う

まずは前述のとおり貴女が反対するわけですが、どうやら「敵」は本気らしいとわかったら、しばしの適切な間を置いて、菩薩系の微笑を伴いつつ言ってください。

「……そっか、そこまで本気なら仕方ないよね。わかった、オープンカー買おう! 悪くないかもしれないしね!」

そこで敵は内心「えっ?」と動揺しています。車好きの旦那というのは「オンナっていうものは車のことがわからねえ困った生き物だからなぁ」ぐらいに思ってますので、いきなり理解と共感を示されると調子が狂うものです。

▲「どうせキミは反対なんでしょ……って、買ってもいいの???」

▲「どうせキミは反対なんでしょ……って、買ってもいいの???」

その動揺に乗じて畳みかけましょう。

「でもさすがに幌の2人乗りは、これからどんどん年を取っていくお互いの両親のこととかも考えると、現実的じゃないと思う。だから……例えばだけど鉄の屋根がガーッと動く4人乗りのやつ? アレなんかいいんじゃない?」

貴女は「クーペ・カブリオレ」という言葉を知ってるわけですが、ここはしらばっくれます。

すると旦那は予想外の展開、すなわち「嫁から即OKが出た!」ということに冷静な判断力を失い、「お、お、おう、そうだな。BMWのE90カブリオレ、いや正確にはE93とか、いいかもしれないな……」とかなんとか、ワケのわからない呪文をつぶやくことでしょう。ちなみにE93というのは1つ前のBMW 3シリーズのクーペ・カブリオレで、実用的にも優雅にも使える素敵な車です。

▲こちらが旧型BMW 3シリーズ カブリオレ。とっても上質でセレブっぽい、大人4人が普通にゆったり座れる車です。電動ハードトップの開閉時間はわずか22秒。中古車相場は総額180万~290万円ぐらい

▲こちらが旧型BMW 3シリーズ カブリオレ。とっても上質でセレブっぽい、大人4人が普通にゆったり座れる車です。電動ハードトップの開閉時間はわずか22秒。中古車相場は総額180万~290万円ぐらい

で、その後貴女のご家庭がどんなクーペ・カブリオレをご購入されるかはわかりませんが、どれかしらが納車となったならば、ぜひそれで旦那とドライブや旅行、あるいはごく普通のお買い物に出かけてみてください。

すると、たぶんですが貴女も「最近のクーペ・カブリオレ」の魅力に気づくはずです。屋根を閉めてりゃ普通の車とほぼ同じですし、荷物もまぁ普通ぐらいには積めます。

そしてちょっと天気がいい日に、郊外の素敵な場所でオープンにして走ってみれば……今までの車とはまったく違う世界の見え方、感じ方に感動すること必至です。まぁずっとオープンにして走っていると正直疲れますので、疲れそうになったらボタン一発で鉄の屋根を閉めちゃってください。

それで、すべてはほぼ完璧です。

貴女のご健闘というかスライド作戦の見事な成功を、自宅台所でコツコツ常備菜を作りながら祈念しております……!

▲オープンエアドライブというのはなんだかんだ言ってかなり気持ちいいものですから、いつでも普通のクーペ状態にもなるクーペ・カブリオレなら、試してみる価値は大いにあるかと思います。ちなみに写真の車はフォルクスワーゲン イオス。中古車相場は総額90万~220万円ほどとお手頃です

▲オープンエアドライブというのはなんだかんだ言ってかなり気持ちいいものですから、いつでも普通のクーペ状態にもなるクーペ・カブリオレなら、試してみる価値は大いにあるかと思います。ちなみに写真の車はフォルクスワーゲン イオス。中古車相場は総額90万~220万円ほどとお手頃です代表的な4人乗りクーペ・カブリオレをチェックしてみる▼検索条件BMW 3シリーズカブリオレ(3代目)、フォルクスワーゲン イオス(初代)、ボルボ C70カブリオレ(2代目)、プジョー 207CC(初代)×走行距離5万km以下×修復歴なしtext/伊達軍曹

photo/BMW、フォルクスワーゲン、photo AC、ぱくたそ(www.pakutaso.com)

関連記事リンク(外部サイト)

代表的な4人乗りクーペ・カブリオレをチェックしてみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。