ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】東京ゲームショウにファミコンゲームをインストールできるゲーム機が登場! 友達のゲームはインストール禁止

tgs-8bit1

2017年9月21~24日の期間に開催されている日本最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2017」に、ファミコンやメガドライブなどのゲームソフトをインストール(いわゆるコピー)することができるゲーム機が出展されている。

・このゲーム機の能力はすさまじい
これは「レトロフリーク」というゲーム機で、販売元はサイバーガジェット。すでに発売されており、Amazonや一部の小売店などで購入が可能だ。このゲーム機の能力はすさまじく、ブランドが異なる複数のゲーム機のゲームをこの本体だけで起動させることができるという。

tgs-8bit
tgs-8bit2
tgs-8bit1

・どのゲーム機のゲームで遊べる!?
レトロフリークに対応しているゲームは、ファミコン、スーパーファミコン、海外版スーパーファミコン(SNES)、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、メガドライブ、北米版メガドライブ(GENESIS)、PCエンジン、海外版PCエンジン(TurboGrafx16)、PCエンジンスーパーグラフィックス。

・インストールは自分のゲームソフトだけ
それらのゲーム機のゲームソフトをこの本体だけで遊ぶことができ、さらにゲームソフトからデータを吸い出して、本体にインストールしてコレクションすることもできるようだ。ただしパンフレットには「インストール可能なカートリッジは自己所有の物に限られます」と書かれており、友達のゲームソフトをインストールするのはNGということになる。

ちなみに、パンフレットは漫画バージョンも用意されており、とてもわかりやすくレトロフリークの説明が書かれていた。かつてのファミコンに付属されていた漫画の小冊子をイメージとさせるデザインである。

tgs-retro1
tgs-retro

・たくさんの人が試遊を体験
過去の東京ゲームショウでは、プレイステーションやXboxなど大手メーカーのゲーム機ばかりが出展されてきた。このように小さな企業のゲーム機も出展されるようになったのは、時代の流れと言えるのかもしれない。ブースには、たくさんの人たちが訪れてレトロフリークで遊んでいた。

ちなみにこのレトロフリーク、HDMIケーブルで出力することができるため、ドットがぼやけることなく画質がクリアになっているという。

もっと詳しく読む: 東京ゲームショウ2017にファミコンゲームをインストールできるゲーム機が登場(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/09/21/tgs-tokyo-game-show-retrofreak/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy