ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホテルでゆったり!秋のおすすめアフタヌーンティー3選

秋の訪れをゆったりまったり楽しみたいなら、極上ホテルのアフタヌーンティーへ。季節の食材をふんだんに使用した、凝りに凝ったスイーツやセイボリーで、夏の疲れを癒すとともに秋を実感できるはず。そこで、都内にあまたあるホテルの中から、現在巷で評判の高い“秋のアフタヌーンティー”を3つピックアップ。たまには自分へのご褒美に、友人やカレとの語らいに、訪れてみてはいかがだろうか。


1.アマン東京の「ハロウィーン ハニー アフタヌーンティー」
まず紹介したいのが、10月1日(日)から始まる、アマン東京の33階ザ・ラウンジ by アマンの「ハロウィーン ハニー アフタヌーンティー」。味わい深い様々な蜂蜜を使ったハロウィンらしいデザインとカラーの品々が楽しめる。特に注目すべきは下段のセイボリー。ローズマリー風味の蜂蜜でローストしたキャラメライズポークを南瓜、胡桃そして蜂蜜を練りこんだパンで挟んだサンドイッチ、フォアグラムースとトリュフハニーが入ったハロウィーンの象徴、”ジャック オー ランタン”を象ったもなか、クレタ島のハニーを使ったサーモンのミルフィーユなど、食べ応えのあるラインナップとなっている。価格は4900円・シャンパン付き7200円(税込み・サ料別途)。


2.横浜ベイホテル東急の「秋のアフタヌーンティーセット」
2店目は、都心を少し離れた横浜ベイホテル東急のアフタヌーンティー。1段目には、女性に嬉しいプチガトーの盛り合わせ。国産の和栗を使用したモンブランや熊本県産サツマイモペーストを使用したスイートポテトなどが並んでいる。2段目は、季節のフルーツとパティシエオリジナルのスコーン。3段目には、メゾン・カイザーのパンを使用したカボチャのサンドウィッチやナスとキノコのキッシュなど、秋にぴったりのメニューが勢揃いしている。2階ラウンジ「ソマーハウス」にて。料金は3500円(税・サ料込み)。期間は、9月いっぱいと、11月1日(水)~30日(木)。10月にはハロウィンバージョンのセットが登場するので、そちらも楽しみだ。


3.東京マリオットホテルの「-Classic America- Pepsi Afternoon」
最後は、何とペプシとコラボレーションした珍しいアフタヌーンティーを紹介しよう。マリオット創業90周年を記念し、古き良きアメリカのスイーツ&セイボリーを堪能する、「-Classic America- Pepsi Afternoon」がそれだ。創業当初を想起するアメリカ発祥のウーピーパイや、ベルベットカップケーキ、ライムタルトなどのスイーツのほか、セイボリープレートではアメリカンクラシックミニドッグやシカゴピザ、マリオットスライダーなどフォトジェニックなメニューが「ペプシコーラ」と共に提供される。アフタヌーンティーの概念を超えて、まさに“アフタヌーンを楽しむ”がコンセプト。友人やカレとの時間が心から楽しめそうな品々だ。1階「ラウンジ&ダイニングG」にて11月30日(木)まで。価格は4200円(税・サ料別)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy