ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高画質映像で留守宅をリアルタイムチェック! 防犯カメラ「Kasa Cam」は夜間モードも搭載

防犯対策として効果的な防犯カメラ。我が家も設置しようかなと考えている方に、このほどリリースされたTP-Linkの「Kasa Cam」を紹介しよう。

1080pという高画質の映像で、スマホからいつでも留守宅をチェックできるというもの。万が一、不審者が侵入するなどして音や動きを感知した場合は自動で録画が始まる。

・画角130度のレンズで監視

フルHD、しかもレンズの画角は130度と、高解像度で広範囲をとらえることができるのが最大の売り。ユーザーは出先からスマホでいつでも家の様子をみることができ、細部までクリアにチェックできる。

またナイトビジョンでは、暗闇でも7.6メートル先までクリアに映し出す。

・ベビーモニターにも

不審者侵入時など、音と動きに反応するセンサーが作動したときは、自動的に録画が始まる。と同時に、ユーザーの端末にアラートを送る。ビデオは2日間、無料でクラウドに保存され、ダウンロードも可能だ。

加えて、防犯カメラとしてだけでなく、ビデオ電話として使えるのもKasa Camの魅力。マイクとスピーカーがビルトインされていて双方向で会話することができる。ベビーモニターとして使うのもありだろう。

Kasa Camは現在サイトで販売されていて、価格は129.99ドル(約1万4000円)。

Kasa Cam/TP-Link

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy