体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーグルトみたいな懐かし系駄菓子「モロッコヨーグル」の謎に迫る【工場見学】

f:id:Meshi2_IB:20170804143501j:plain

駄菓子屋さんの定番商品というと何が思い浮かぶだろうか。

うまい棒、よっちゃんいか、ビッグカツ、ポテトフライ、フルーツ餅とか、まあいろいろもちろんあると思うのだが、きっとこれを挙げたら「あー! あった!」と思い出してくれる方がすごく多いんじゃないだろうか。

f:id:Meshi2_IB:20170804142138j:plain

「モロッコヨーグル」だ。

「モロッコヨーグル」という、正式な商品名を覚えていないという方もいるかもしれないな。

あの、なんか、丸っこい容器に入っていて、紙のフタをぺらっとめくって食べる、白くてふわふわした謎の食感のお菓子!

酸味があって、ほら、木のへらですくって食べるあれ!

f:id:Meshi2_IB:20170804143028j:plain

思い出していただけたろうか。

「モロッコヨーグル」のことを言葉で表現するのはなかなか難しいということが今、わかった。

私は「モロッコヨーグル」が好きで、100円渡されて駄菓子屋さんで買い物をしていいという状況があったら、ほぼ間違いなくカゴに入れていた。他のどのお菓子にも似ていない独特の食感と濃厚な甘み、あれが「ああ、駄菓子を食べたー!」っていう満足をもたらしてくれるんだよな。

製造元は大阪のサンヨー製菓

調べてみると「モロッコヨーグル」を作っているサンヨー製菓株式会社は大阪市西成区にあるという。会社のある建物が工場も兼ねており、そこで「モロッコヨーグル」が製造されているらしい。子どもの頃からお世話になっている商品がどんな風に作られているのかちょっとだけでも見てみたい……。

ダメもとで取材を申し込んだところ、「特に大したものではないですが、それでも良ければ」と、許可をもらうことができた。

f:id:Meshi2_IB:20170804143041j:plain

取材当日。西成区の下町感あふれる景色の中を歩いていくとサンヨー製菓株式会社の建物が見えてきた。

f:id:Meshi2_IB:20170804143056j:plain

中に通してもらうと、ドアの向こうの空間には「モロッコヨーグル」の箱がうず高く積まれていた。

ここから大阪市中央区の松屋町にある問屋さんへ出荷しているとのこと。

この空間の真上、2階部分が工場になっているそうなので、サンヨー製菓の社長・池田光隆さんに案内してもらった。

f:id:Meshi2_IB:20170804143113j:plain

エレベーターで2階に上がると、ドアが開くなりいきなり工場部。

f:id:Meshi2_IB:20170804143123j:plain

ドーン。

f:id:Meshi2_IB:20170804143135j:plain

町工場然とした雰囲気に思わず見入ってしまう。

f:id:Meshi2_IB:20170804143150j:plain

ライン全景はこんな感じ。

こうして「モロッコヨーグル」は作られる

作業の邪魔にならぬよう細心の注意を払いつつ中を見学させてもらう。社長の池田さんが説明してくれた各工程の説明に沿って紹介していこう。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。