ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名門「大勝軒」のルーツはどこに?代々木上原のレジェンド2代目が語る、つけ麺誕生の秘密【ラーメン系譜学】

f:id:Meshi2_IB:20170808184402j:plain

夏の暑い時期に限らず、年中食べられ専門店も増え、今やすっかりラーメンの1ジャンルとして定着した“つけ麺”。

太めの麺を甘酸っぱいつけ汁で食べると、見ため山盛りの麺量も不思議なほど胃にスルスルと消えていく魔法の食べ物。こんな料理を一体誰が最初に考え付いたんだろう?

そう、今やラーメンフリークならずとも、東池袋 大勝軒の大将、故・山岸一雄氏がその創始者であることは、書籍のみならず映画化もされ、多くの人に知られているところとなっている。

山岸さんはたくさんの弟子を取り、東池袋 大勝軒の味は全国各地に広まった。そして今世紀に入ったあたりで、豚骨魚介Wスープムーブメントとともに興った一大つけ麺ブームの礎となった。

しかし、詳しい人なら知っていようが、つけ麺が初めて商品としてメニューに載ったのは東池袋 大勝軒ではない。つけ麺が発祥した陰にはもう一つの大勝軒が存在した。

今回はもう一つの大勝軒の存在を多くの知ってもらいたいと思い、真のつけ麺の元祖を知る方にお会いすることができた。

向かったのは、東京メトロ千代田線が小田急線に乗り入れている駅、代々木上原。

最近ではオシャレなイメージが付いているが、駅前には古くからの商店街が伸びる、親しみやすい風景が続く。

その中に、駅前でも最古参に当たるのが代々木上原 大勝軒だ。

f:id:Meshi2_IB:20170816130352j:plain

大勝軒は元々は中野にお店があり、そこから移転してきた。今でも中野にあるが、中野は支店、代々木上原が本店という関係になっている。

移転の際、中野の支店を任されたのが、山岸さんだった。そこでまかないとして食べられていたのがつけ麺で、お客さんにも出されるようになって、初めてつけ麺というメニューが誕生した。

そうした経緯、さらに以降のつけ麺の発展を、当時の中野 大勝軒の店長、つまりは山岸さんの師匠に当たる坂口正安氏のご子息である坂口光男さんに、直接お話をうかがうこととしよう。

f:id:Meshi2_Writer:20170807122844j:plain

▲大勝軒創業者のご子息、現在は丸長のれん会(後述)の会長を務める坂口光男氏

つけ麺の生誕地は中野だった

── 本日は誠にありがとうございます。さっそくですが大勝軒のお店の歴史から教えてください。

坂口氏:大勝軒は中野から始まったんです。私の父が昭和26年に今の場所(JR中野駅南口から下った通り沿い、中野区中野3-33-13)からバス停で2つ渋谷寄りの橋場町(現在の中野区中央5丁目)に戦後マーケット(闇市)がありまして、そこで始めたんですが、昭和29年に代々木上原に本店を移して、中野は支店として昭和49年の区画整理で今の場所に移転するまでそこで営業していました。

f:id:Meshi2_Writer:20170807125034j:plain

▲橋場町時代の中野 大勝軒(昭和30年頃)

f:id:Meshi2_Writer:20170807132557j:plain

▲代々木上原 大勝軒の外観(昭和35年頃)

f:id:Meshi2_Writer:20170807150248j:plain

▲代々木上原 大勝軒の店内(昭和35年頃)

── つけ麺は創業当時はメニューになかったんですよね?

坂口氏:昭和30年からつけ麺を始めて、昭和40年代に徐々に有名になって行ったんですが、その前の昭和36年まで、山岸一雄が10年間、あそこ(中野 大勝軒)にいたんです。山岸一雄は、私の父が呼び寄せて、一緒にやってくれって始めたんです。

── 中野 大勝軒に山岸さんが居られた頃に、まかないとして「もりそばの中華版」が考案されたと言われていますね。

坂口氏:丸長の修業時代に初めてメニューに載せたんですよね。当時からすでに冷やし中華もやっていて、修行時代から従業員の皆んなでチョコチョコ食べたんでね。だから、初めて中野 大勝軒がメニューに載せたってことなんですね。

すべては丸長から始まった

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy