ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忘れられない一夜になるかも!?グランドハイアット東京のハロウィンカクテルにドキドキがとまらない!

ght_autumn_19811ふだんよりちょっとオトナなハロウィンメニューを味わいたいなら、おすすめなのが「グランド ハイアット 東京」。

10月1日(日)から、趣向を凝らしたハロウィンメニューが続々と各店舗に登場するんです♩

・凝りに凝ったグランドハイアットのハロウィンカクテル

なかでも話題を集めそうなのが、「オーク ドア バー」の期間限定のカクテル。

ブラッディ アイズ」は、ライチやブルーベリー、ざくろの甘酸っぱいグレナデンシロップで表現した“充血した目玉”がトッピングされた、インパクト大のカクテルです。

ght_autumn_19653

さらにドキッとさせられそうなのは、グラスの中に霊園が表現された「ミミズ型ゼリー」。

ght_autumn_19667

土を模したチョコレートブラウニーや、十字架のお墓をモチーフにしたアルコール入りキャンディはもちろん、クランベリージュースやウォッカなどで作ったミミズ型ゼリーがリアルすぎです☆

この他にも、どくろのショットグラスに3層のカクテルで脳みそを演出した「スカルショット」や、“世界一苦いリキュール”と評される薬草系のフェルネット・ブランカと、コーラで味付けした黒いカクテルで暗闇をイメージした「ダーク マジック」など、凝りに凝った品が勢ぞろい。

ght_autumn_19712 ght_autumn_19635

シェアスタイルで楽しむパンチボウルを、中身をくり抜いた大きなパンプキンで用意した「パンチキン」は、クラッシュしたドライアイスによるスモークの仕掛けもあって、パーティにぴったりです☆

ght_autumn_19680

・キモカワなスイーツのアフタヌーンティーも♡

また、オールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」では、ハロウィン仕様の「スイーツフェスタ アフタヌーンティー」を提供。

ght_autumn_20279

“フィンガー”クッキーや、目玉をイメージしたゼリーなど、キモカワなスイーツにハロウィン気分が盛り上がりそうです♩

ght_autumn_20286

グランド ハイアット 東京では、この他にもさまざまなハロウィンメニューが提供されるので、この時期だけの楽しみを満喫して☆

提供期間
オーク ドア バー「ハロウィン カクテル」
10月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)、30日(月)、31日(火)/18:00~24:30
フレンチ キッチン「スイーツフェスタ アフタヌーンティー」
10月1日(日)~10月31日(火)/アフタヌーン15:00(土・日・祝15:30)~18:00(16:00ラストオーダー)

グランド ハイアット 東京
https://tokyo.grand.hyatt.com/ja/hotel/home.html

・ハロウィン(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。