ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜の本気ダンス、方向性の違いを感じる時は…?

夜の本気ダンス、方向性の違いを感じる時は…?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(月曜担当ナビゲーター:夜の本気ダンス)。8月21日のオンエアでは、バイト先の友達とバンドを組んでいるリスナーから届いた「曲の方向性が違うと感じたら、きちんとメンバーに伝えますか?」という質問メールに回答しました。

米田:誰がコントロールをしているか…つまり、メンバーの中で誰が曲作りのリーダーになっているかによりますよね。あとはバランスというか。一番曲を作っている人がやりたいことに合っていれば、別に大丈夫なんじゃないかなと。
マイケル:そうだよね。だからどう曲を作ってるかによると思うけど、もしも自分が曲を作る側の人間じゃないのであれば、曲を作ってる人に何か提案してみるとか?
米田:そうやね。提案してみたら、案外「そういうのも、じゃあやってみようか!」みたいに、スムーズに運ぶこともあるんじゃないかと思います。

と答えるメンバーたち。夜の本気ダンスの場合はほとんど米田が曲を作っていますが、マイケルによると、他の3人が「方向性が違う」と感じたことはあんまり無いそう。しかし鈴鹿は…

「たまーにさ、練習で2曲できたとして、『次のアルバムに入れるとしたら、ちょっとポップなやつのほうがよくない?』みたいに帰りの車で、ちょねくん(米田)に言ったりすることはある。でもやってて『方向性ちゃうな』とは思わへんけどな。『どっちもいいけど、入れるんやったらそっちが俺は好きやな』みたいな言い方」

と明かしていましたが、これを聞いたメンバーたちは方向性のことよりも「鈴鹿くん、だいたいそういう言い方多いからな」(マイケル)、「鈴鹿らしさが出てますよ、ここに」(米田)、「京都っぽい感じ」(西田)と鈴鹿の“意見の仕方”にむしろ注目が(笑)。

マイケル:絶対否定はせえへん。
鈴鹿:「俺はそっちが好きかな」みたいな言い方するな。
マイケル:よう言うてるよな。
米田:よく言われてますわ、僕。
マイケル:二択迫られた時とかそうやんな。
鈴鹿:俺だけ、1人だけが、そっちの(みんなと違う)ほう行くん嫌やから…(笑)。

ちなみに鈴鹿は二択を迫られるとき、大抵、間違えるそうです(笑)。

…と話は少し逸れましたが、「曲の方向性と言うよりか、バランス的なところかなという気がしますけどね」と、まとめるマイケル。米田も「とりあえず提案してみて、それで『違う』ってなったらしょうがないし。1回、そういうふうにトライしてみてもらえばなと思いますね」とアドバイスしていました。

この日の放送では他にも、この番組がきっかけで付き合ったカップルの初デートについてのメールが届き、あまりの淡さにメンバー達が悶絶する時間もありました(笑)。

さて、22日(火)の「THE KINGS PLACE」はフレデリックがナビゲート。有名アーティストが叫んだ「セロリ」をオンエアします。番組中のみメールを受付、正解者の中から、フレデリックのサイン入りグッズをプレゼントしますので、どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy