ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱すぎる修造流“すし屋での振舞い方”

 常に一生懸命、いつも熱く生きているイメージの強い松岡修造さん。もともと消極的で怠け者だった彼は、どのようにして毎日をワクワク生きる現在の“松岡修造”に変わっていったのか?
 そんな松岡修造流の思考法&流儀をまとめた『人生を変える修造思考!』(アスコム/刊)が4月9日に発売、さらに10日には東京・有楽町の三省堂書店有楽町店でトーク&握手会イベントが開催され、修造節をいかんなく展開した。

 イベントの前に行われた記者会見でも、修造節が炸裂。
 本書の「お鮨屋さんでは一瞬たりとも気を抜かない」という項目から、お鮨屋さんでの修造さんについて質問されると、「僕にとってお鮨屋さんは(テニスの)試合に出るような感じです。自分の姿勢、頼み方、食べ方、握る人の見方、一つ一つの動きに気を使っているんです。そうすることによってお鮨を美味しく食べられるし、板前さんに僕の想いを伝えられると思います」と答え、記者陣にお鮨の頼み方、食べ方を指南。普段から熱い松岡さんの姿を垣間見ることができた。
 また、日本女子フィギュアスケート界のトップを走る浅田真央さんについて、「初めて取材をしたときに衝撃を受けた」と告白。まだ12歳だった浅田さんが発した「ありがとうございます」という言葉で場の空気が柔らかくなり、みんなが笑顔になったという。松岡さんはそれ以来、「ありがとうございます」の言い方を変えたそうで、「真央ちゃんには大感謝ですね」とコメントした。

 自分はそんなに熱い人間ではなく、むしろいつも冷静だとした上で、「自分は人の何十倍も楽しく人生を生きている」と話す松岡さん。
 考え方や想いを変えることによって毎日は変わる。本書には「眠るときは「ひつじ」を数えるより、「お鮨」を食べる」「満員電車ではみんなに力をもらう」「お鮨屋さんでは一瞬たりとも気を抜かない」「いつも心に富士山をイメージする」など、松岡さんらしい熱いメッセージが込められている。
 

熱すぎる修造流“すし屋での振舞い方”

 前著作『松岡修造の人生を強く生きる83の言葉』(アスコム/刊)は6万部を超えるベストセラーとなっている。前著を読んだ人も未読の人も、本書を手にとって熱くなってみてはいかがだろう。
(新刊JP編集部/金井元貴)



(新刊JP)記事関連リンク
回転寿司、原価の高いネタは?
今、ディズニーランドで一番人気の仕事とは?
伊藤みどりがトリプルアクセルに挑んだ理由とは

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy