ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女の死体が落下… 「トンネル怪談」の元ネタが怖すぎる!

女の死体が落下… 「トンネル怪談」の元ネタが怖すぎる!

 夏といえば海や花火、浴衣などが風物詩として思い浮かびますが、もうひとつ外せないのが、怪談。怪談なんて作り話でしょ? と思う人も、実在する土地に関連した話なら、リアルに感じられるかもしれません。『怪談現場 東海道中』は、オカルトスポット探訪マガジン編集長の吉田悠軌さんが、東京~大阪間の東海道中界隈に残る”怪談”を集め、検証した一冊。怪談の元となる怪異が起こった時期や場所などを絞り込み、さらにその土地で過去に起こった事件、歴史的背景などを絡め、怪談を検証・考察しています。

 掲載されている中で特にインパクトが強いもののひとつが、トンネルで語り継がれている怪談。若者数人が肝試しに心霊スポットのトンネルを訪れると、車の天井に血まみれの女が落ちてきて、慌てて発進しガソリンスタンドに逃げ込むと、車にはびっしりと手形が。さらに友人の1人がいなくなっていることに気づき、トンネルに戻ると、友人は1人立ち尽くし、話しかけても何の反応もない。どうやら精神に異常をきたしているようだった……というものです。

 どこかで聞いたことがあるような怪談ですが、本書によるとこれには明確な”元型”が存在するのだそう。それが、1970年代半ばにタレントのキャシー中島さんが、神奈川県逗子市の小坪にあるトンネルで体験したという現象。

 中島さんはある時、仲間4人と肝試しのために小坪の「お化けトンネル」に行ってみることに。車でそのトンネルを走ってみると、青白い光がフロントガラスにぶつかり、光は一瞬、人の手の形になり、指紋だけを残して消え去ります。そしてその直後、車の天井がきしみ、まるで巨岩が落ちて来たかのような衝撃が。その後トンネルを抜け、ガソリンスタンドのベンチで先ほどの現象について話していると、仲間の1人がいないことに気づきます。車に戻ってみると、その仲間は助手席に座ったままで、なぜか顔を真上に向けた状態で硬直。その顔は「ニヤッ!」と歯をむき出しにし、笑い顔ともしかめっ面ともいえない表情で、体は石のようにこわばっており、どんなにゆすっても反応はなし。彼は家に送り届けられた後、脳神経科の病院に入院。その10日後、中島さんがお見舞いに行くと、彼の顔は歯をむき出しにしたあの笑顔で固まったままだった……これが、先の怪談の元型だとされています。

 本書では複数ある「小坪トンネル」の中から、話の内容や当時のシチュエーションをもとに現場と思しきトンネルを2つに絞り込んでいます。場所が明らかになっていくことで、怪談がより身近で、臨場感を持ったものになっています。さらにはそのスポットの背景を知るために、過去にあった小坪トンネルにまつわる怪談も検証。実は近所の住民を見間違えただけだった「若い女の幽霊が出る」という怪談や、悲惨な死亡事故が背景にあると思われる「生首が飛ぶ」という怪談など、小坪トンネルにまつわる話を読み解いています。

 では、肝心の中島さんの体験はどうなのでしょうか。怪談の収集や怪奇スポット探訪をライフワークにしている吉田さんは、これまでの経験から、怪談は河川や海、埋め立て地など「水の記憶」のある土地に残っていることが非常に多いとし、この場合もこの小坪界隈が土砂災害の多い地域であることを指摘。「台風や豪雨による土砂災害もまた一種の『水の記憶』だとすれば、もともと霊感の強かった中島が、この土地一帯の水の記憶を無意識に読み取ったものだと考えられる」と分析しています。その他にも日本人の「山岳信仰」の影響を加味するなど、様々な側面から読み解く怪談は、オカルト好きならずとも興味をそそられそうです。

 本書ではこのほかにも、箱根や熱海、京都や大阪など、観光地としても知られる場所の怪談も掲載。一読してからその地を訪れると、これまでと少し違った景色に見えてくるかもしれません。

■関連記事
暑い夏、体の内側からひんやりする本
大ヒットメーカーが明かす、行列のできるお化け屋敷の秘密
“いわくつき物件”は本当に呪われているのか

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。