ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寄せ箸、刺し箸、迷い箸……「正しくない箸のマナー」をあらためて知っておきたい

f:id:Meshi2_IB:20170802195508j:plain

箸ヘタマンのみなさん、そしてメシ食いフォームが凛(りん)としてかっこいいみなさん、こんにちは。

以前、この記事↓で「正しくない箸の持ち方」について考察しました。

www.hotpepper.jp

覚えている人は幸福であります。

心豊かであろうから。

前回は箸の「持ち方」のことでしたが、今回は箸の「使い方」について一緒に勉強していきましょう。

いわゆる和食のマナーですね。

f:id:Meshi2_IB:20170729131806j:plain

和食マナーのなかで、とくに箸の使い方は「きらい箸」と呼ばれます。

たとえば上の写真は、食べ物を突き刺す「刺し箸」

ほかにも箸で器を引き寄せる「寄せ箸」

何を食べようか迷って箸がお膳の上をウロウロする「迷い箸」

食事の席でお行儀が悪いとされるムーブがいろいろあります。

f:id:Meshi2_IB:20170729131934j:plain

今回は、美しい箸づかいや“日本人の心”の継承を目的とする「日本箸文化協会の運営委員長、中道久次さんに「きらい箸」について解説をいただきました。

「きらい箸」のあれこれ

①拝み箸

f:id:Meshi2_IB:20170729132003j:plain

食事の前、ゆっくりと「いただきます」を唱える時のこの仕草。わりとよく見かけるし、行儀の良いことのように思っていました。

しかし意外なことに、これって「きらい箸」のひとつ「拝み箸」だそうです。

f:id:Meshi2_IB:20170729131946j:plainそうそう、「拝み箸」。そもそも合掌の作法には、物を持ってこんなふうにすることはないんですよね。

ーーなるほど。食事以前に、合掌の作法として間違っているということなんですね。

f:id:Meshi2_IB:20170729131946j:plainまず合掌して「いただきます」として、それからお箸を持てばいいんです。順序が逆なんです。本来、箸は箸置きに置いてあるものです。箸置きがないからこういうことになるんでしょう。

②手皿

f:id:Meshi2_IB:20170729131821j:plain

食べ物を口もとにもってくるとき、手のひらをお皿のようにする「手皿」

行儀が良いことだと思われがちで、実際にテレビでタレントさんが手皿をしている様子はよく見られますが……。

f:id:Meshi2_IB:20170729131946j:plainで、実際に落としたらどうなるの(笑)。

ーーあっ……そうか。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy